【毎日Python】Pythonでヒストグラムを作成する方法|matplotlib.pyplot.hist

【毎日Python】Pythonでヒストグラムを作成する方法|matplotlib.pyplot.hist

Pythonでヒストグラムを作成する方法です。
使用するのは、Pythonのmatplotlibライブラリのhist関数です。

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

ヒストグラムとは、x軸がデータの区分、y軸がデータの度数を表す棒グラフのことです。
棒が長いと、その区分におけるデータの度数が高く、棒が短いと、その区分におけるデータの度数が低い、と判断することができます。

まず、配列を元にヒストグラムを作成してみましょう。
numpyのrandom.normal関数を使用して、平均が60、標準偏差が5、各要素数が500の配列を作成し、変数に格納します。
そして、histの引数にx軸を指定して表示させてみましょう。
ヒストグラムを作成することができました。
今回の場合、ここの区分において、最も度数が高いことがわかります。
なお、デフォルトではこのように10ずつのカテゴリに区分されます。

X = np.random.normal(60, 5, 500)
plt.hist(X)
plt.show()

実行結果:
graph01

次に、グラフのスタイルを変更してみましょう。
引数colorで色、rwidthで太さ、binsでカテゴリの数を指定して実行します。
それぞれ変更することができました。

plt.hist(X, color='green', rwidth=0.9,bins=15)
plt.show()

実行結果:
graph02

最後に、グラフを横向きにしてみましょう。
引数orientationにhorizontalを指定します。
グラフを横向きにすることができました。

plt.hist(X, color='green', rwidth=0.9,bins=15,orientation='horizontal')
plt.show()

実行結果:
graph03

関連メソッド

【毎日Python】Pythonで折れ線グラフを作成する方法|matplotlib.pyplot.plot

【毎日Python】Pythonで散布図を作成|matplotlib.pyplot.scatter

【毎日Python】Pythonで棒グラフを作成する方法|matplotlib.pyplot.bar

【毎日Python】Pythonで箱ひげ図を作成する方法|matplotlib.pyplot.boxplot

【毎日Python】Pythonで等高線グラフを作成する方法|matplotlib.pyplot.contour

【毎日Python】Pythonでシリーズからヒストグラムを作成する方法|Series.plot.hist