【毎日Python】Pythonで文字列がアルファベットや数字のみの構成かを判断する方法|isalnum

【毎日Python】Pythonで文字列がアルファベットや数字のみの構成かを判断する方法|isalnum
str = 'python'
str.isalnum

Pythonで、文字列が1文字以上の文字か数字のみで構成されているかを確認する方法です。
Python標準ライブラリのisalnumメソッドを使用します。
文字列が文字か数字のみで構成されているときはTrueを、記号や空白が入っているとFalseが返されます。
変数にアルファベットの文字を代入します。
変数を.isalnumで実行します。
Trueが返されました。

str = 123abc
str.isalnum()

変数にアルファベットと数字を代入してみます。
実行します。
Trueが返されました。

str = 'pythonを勉強しています'
str.isalnum()

アルファベットと日本語で試してみましょう。
Trueが返されました。

str = 'kino-code'
str.isalnum()

ハイフンを含む文字列で試してみましょう。
Falseが返されました。

関連メソッド

毎日Python】Pythonで文字列が数字かどうかを判断する方法|isdigit

【毎日Python】Pythonで文字列が数字かどうかを判断する方法|isnumeric

【毎日Python】Pythonで文字列がアルファベットなどの文字か判断する方法|isaipha

【毎日Python】Pythonで文字列が空白かどうか確認する方法|str.isspace