【3分解説】TypeScriptとは?

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、 TypeScriptについて説明をします。

▼ YouTube動画はこちらからどうぞ。

TypeScriptとは、2012年にMicrosoftが開発したオープンソースのプログラミング言語です。
TypeScriptは、JavaScriptを進化させた言語です。
そのため、JavaSqriptと同じ構文を用いているので、JavaScriptの経験があれば比較的習得は容易です。
JavaScriptでできることはTypeScriptでもできるので、webサイトやwebアプリケーション開発に適した言語です。
特に大規模なWebアプリケーションを開発する際に威力を発揮します。

型推論付きの静的型付け言語

TypeScriptは、型推論付きの静的型付け言語です。
静的型付けと型推論について説明をします。
静的型付け言語とは、変数やメソッドの戻り値に、「型」を指定するタイプの言語のことです。
型推論とは、言語自体が変数の型を予測して補完してくれる機能のことです。
JavaScriptと同じように記述ができ、
かつ型の指定ができるのがTypeScriptという位置付けです。
静的型付けは反対の動的型付けと比べて、高速に処理できるメリットがあります

大規模開発向き

TypeScriptは大規模な開発で使用されることを目的に、JavaScriptでは足りない部分を補完した言語でもあります。
先ほどの静的型付けも大規模開発向けの特徴です。
型が使えるので、オブジェクト指向のような書き方もできます。
大きなシステムをクラスを使って細分化し、チームで分担しながら開発を進めるのに適しています。
一方、数十行程度のプログラムなら、TypeScriptほどの機能は必要ありません。JavaScriptのみで作ってしまう方が手っ取り早いでしょう。

JavaScriptに変換可能

TypeScriptはAltJs(おるとJS)の一つです。
AltJsとは、JavaScriptの代替え言語のこと。
AltJsは、コンパイルすることでJavaScriptが生成されるプログラミング言語です。
そのため、TypeScriptで書いたコードをJavaScriptに変換できるので、JavaScriptで書かれたコードを、処理に応じてTypeScriptで書き換えが可能です。
そうすることにより、プログラムのメンテナンス性をあげたり、javaScriptで今まで書いたコードをそのまま使えるメリットがあります。
また、TypeScriptから直接JavaScriptを呼び出したり、反対にJavaScriptからTypeScriptを呼び出すこともでき、相互に互換性を持っています。

KinoCode チャンネル

YouTubeで毎日動画配信しています。
動画は3分間なので、
 ・通勤時間
 ・お昼休み
 ・お手すきのとき
 ・寝る前
など手軽に視聴できます。
 
ちょっとしたインプットにどうぞ!
 
▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。