【3分解説】Swiftとは?

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、 Swiftについて説明をします。

▼ YouTube動画はこちらからどうぞ

Swiftとは、2014年にApple社が公開したプログラミング言語です。

ちなみに、Apple社は、Mac、iPhone、iPad、Apple Watchなどを作っている会社です。

Swift
Swiftは公開されてからまだ5年しか経っていませんが、stackoverflowの調査で、2019年の好きなプログラミング言語ランキング6位に選ばれています。

Swift
Swiftができるようになると、iPhone、Mac対応のアプリケーションを作ることができます。

モダンな言語

Swiftは、開発をしたApple社がモダンな言語であると謳っています。
プログラミング言語におけるモダンとは、現代的なプログラミング言語の構文を取り入れていて、読みやすくて書きやすいプログラミング言語のことをいいます。
Swiftが登場するまでは、Mac、iPhone対応のアプリ開発にはObjective-Cが使われていました。
しかし、Objective-Cは他の言語と比べて独特な構文が多く、学習するのが難しかったり、開発の効率が悪かったりとやや問題がありました。
それを解消するために生まれたのがSwiftなのです。
そういった経緯もあり、読みやすく書きやすく、Mac、iPhone対応のアプリ開発に対して最も力を発揮する言語といえます。
Swift

高速処理

Swiftは高速に処理することができます。
Swiftという英単語は、「速い」「迅速な」という意味です。
その名に恥じないぐらい高速で、具体的には、Objective-Cよりも最大で2.6倍、Pythonよりも最大で8.4倍の処理が可能です。

高速処理
処理が高速な理由は、Swiftがコンパイラ言語だからです。
コンパイラ言語とは、機械語に一括して変換してから実行するプログラミング言語のことで、処理が高速という特徴があります。

初学者でも学びやすい

Swiftは、プログラミング未経験者でも学びやすいと言われています。
モダン言語のため、読みやすく書きやすいということもありますが、Appleが提供している無料の「Swift Playgrounds」という素晴らしいアプリの存在も大きいです。
公式サイト:swift playgrounds
ユニークなキャラクターを動かしながら、ゲーム感覚で楽しくSwiftの基礎を学ぶことが可能。
レベルも基礎編?上級編まで幅広く揃えられており、学びのある内容になっています。
ただし、Swift PlaygroundsをプレイするためにはiPadが必要という難点もあります。
初学者でも学びやすい
コンパイラ言語、Pythonについては別で解説します。
ぜひご参考ください。
 

KinoCode チャンネル

YouTubeで毎日動画配信しています。
動画は3分間なので、
 ・通勤時間
 ・お昼休み
 ・お手すきのとき
 ・寝る前
など手軽に視聴できます。
 
ちょっとしたインプットにどうぞ!
 
▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。