【3分解説】コンパイルとは?

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、 コンパイルについて説明をします。

▼ YouTube動画はこちらからどうぞ。

コンパイルとは、プログラミン言語で書かれたプログラムを、機械語に一括して変換することをいいます。
例えば、プログラミング言語のJavaで、「Hello,world」という文字を表示させるプログラムは、このように書きます。

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println("Hello World");
  }
}


ですが、このJavaのプログラムは、コンピューターが直接読み取ることができません。
なぜなら、コンピューターが読み取ることができるのは、0と1からできた機械語だけだからです。


そのため、「プログラミング言語」から「機械語」に変換する必要があります。
この「プログラミング言語」から「機械語」に変換することをコンパイルといいます。

コンパイラ

コンパイルは、「コンパイラ」というプログラムによって一括して変換されます。


コンパイラは「一括して変換」しますが、一括変換以外があるのでしょうか?
あります。
例えば、インタープリタという変換プログラムです。
コンパイラは一括して変換するのに対して、インタープリタは1行ずつ変換します。

言語プロセッサ

コンパイラやインタープリタのような変換プログラムのことを言語プロセッサといいます。
言語プロセッサには、コンパイラやインタープリタのほかに、アセンブラ、ジェネレーターがあります。

コンパイラ言語

そして、コンパイラによって変換されるプログラミング言語のことをコンパイラ言語といいます。
コンパイラ言語には、C言語、C++、Javaがあります。

原始プログラムと目的プログラム

また、変換前のjavaなどで書かれたプログラムのことを原始プログラム、変換後の機械語で書かれたプログラムのことを目的プログラムといいます。

コンパイラ、コンパイル言語、言語プロセッサについては別で解説します。
ぜひご参考ください。
 

KinoCode チャンネル

YouTubeで毎日動画配信しています。
動画は3分間なので、
 ・通勤時間
 ・お昼休み
 ・お手すきのとき
 ・寝る前
など手軽に視聴できます。
 
ちょっとしたインプットにどうぞ!
 
▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。