【3分解説】プログラミング言語の人気、年収、求人数ランキングTOP3とは?

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、 プログラミング言語の人気、年収、求人数ランキングTOP3について説明をします。

▼ YouTube動画はこちらからどうぞ。

2019年の人気言語を3位から順に発表します。
3位はJava、2位はPython、1位はJavaScriptです。
JavaScriptが人気の理由は、Webアプリ開発に必要不可欠な言語であることが理由と考えられます。
クライアントサイドの言語はJavaScriptのみです。
そのため、JavaScriptの使用率は世界でもトップクラスです。
JavaScriptはサーバーサイドとクライアントサイド両方を開発することができるということも、人気が高い理由だと考えられます。

高収入言語ランキングTOP3

2019年の高収入言語を3位から順に発表します。
3位はPython、2位はScala、1位はGoです。
Go言語は「簡単、安全、高速」です。
そのため、YouTubeやGoogle ChromeやAndroidのダウンロードサーバーに利用されています。
Go言語を使う企業は増加傾向にあり、需要も高まっています。
需要は高いですが、Go言語を使えるプログラマが少ないということが、給与が高い理由だと予想されます。

求人数ランキングTOP3

求人数の多い言語を3位から順に発表します。
3位はRuby、2位はPHP、1位はJavaです。
Javaは汎用性が高い言語なので、Javaを利用した開発が多いということが挙げられます。
Javaが汎用性が高いのは、OSを選ばずに動作できること、オブジェクト指向で大規模開発に向いていることが大きな理由です。
Javaは、官公庁や金融企業などの業務系システムから、ゲーム開発、スマホアプリ開発に使用されています。
また、スマートフォン決済サービスやブロックチェーン業界でも需要が広がっていることも理由のひとつだと考えられます。
 

KinoCode チャンネル

YouTubeで毎日動画配信しています。
動画は3分間なので、
 ・通勤時間
 ・お昼休み
 ・お手すきのとき
 ・寝る前
など手軽に視聴できます。
 
ちょっとしたインプットにどうぞ!
 
▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。