【3分解説】PaaSとは?

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、 PaaSについて説明をします。

▼ YouTube動画はこちらからどうぞ。

PaaSとは、 Platform as a Service の略で、パース、またはパーズと呼ばれています。
PaaSは、クラウドサービスの1つです。
クラウドサービスとは、インターネットを通して、データやアプリなどを提供するサービスのこと。
クラウドサービスは、簡単にいうと、自分のパソコンにインストールするものではありません。
自分のパソコンにインストールせずに、アカウントをもっていればサービスを利用できるものがクラウドサービスです。

クラウドサービスの種類

クラウドサービスには、PaaS(パース)の他に、IaaS(イアース)やSaaS(サース)と呼ばれるものがあります。
これらは、提供する内容が異なります。
IaaS(イアース)は、インターネット回線などのネットワーク、ハードディスクなどのストレージ、CPUやメモリなどを提供するサービスのことです。
イメージとしてはOSなどが入っていない空のコンピューターを貸し出すイメージです。
PaaSは、IaaSの内容に加えて、OSやデータベースなどのミドルウェアがインストールされているサービスのこと。
SaaSは、PasSの内容に加えて、アプリケーションを提供するサービスのことです。

メリットとデメリット

PaaSはアプリケーションを開発する上で必要な機能が全て揃っています。
そのため、PaaS導入後、すぐに開発に専念することができます。
例えば、アプリケーション開発には、ハードウェア構築、OS、データベースなどのミドルウェアのインストール、ネットワーク設定など、開発前にしなければならないことがたくさんあります。
PaaSは、それらの設定がすでに済んでいる環境を一括で提供してくれます。
そのため、手間をかけることなく開発に着手することが可能です。
一方、PssSは、開発環境がセッティングされているので、ハードウェア構成を自由にカスタマイズできない箇所が多いです。
もし、ハードウェア構成を柔軟に変更したり、必要なOSがあらかじめ決まっている場合は、より自由に環境構築が可能なIaaSを選んだ方が良いでしょう。

PaaS サービス

PaaSを提供しているサービスを2つ紹介します。
1つめは、Amazonが提供しているAWSです。
Elastic Beanstalkという機能を使うことで、アプリケーション開発に必要な環境を構築する手間を大幅に軽減することができます。
またAWSはIaaSも同時に提供しているので、状況に合わせて柔軟に環境を構築することも可能です。

2つめに、Heroku(ヘロク)です。
Salesforceという企業が提供しているサービスです。
Herokuは作ったアプリケーションを動かすまでに覚えなければならないことが少ないのが特徴です。
また、開発中のアプリケーションを動かすだけなら無料でできるので、とりあえず作ったアプリを動かしたい場合にメリットがあります。

KinoCode チャンネル

YouTubeで毎日動画配信しています。
動画は3分間なので、
 ・通勤時間
 ・お昼休み
 ・お手すきのとき
 ・寝る前
など手軽に視聴できます。
 
ちょっとしたインプットにどうぞ!
 
▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。