【3分解説】VBAとは?

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、 VBAについて説明をします。

▼ YouTube動画はこちらからどうぞ。

VBA(Visual Basic for Applications)はMicrosoftが開発したプログラミング言語です。
VBAはMicrosoft Officeアプリケーションのみで使用することができます。
VBAは、Visual Basicをもとに作られました。

開発環境の用意不要

VBAはプログラミングをするための開発環境を用意する必要がありません。
通常、プログラミングを始める際は、開発環境を用意する必要があります。
例えば、Visual Basicを使用する場合は「Visual Studio」という開発ツールをインストールする必要があります。
VBAはMicrosoft Officeが入っていれば、使用できます。
Officeシリーズは初めからVBAのプログラム実行環境が付属しているので、開発環境を用意する必要がありません。

初心者向き

VBAは初心者向けです。
例えば、VBAは、プログラミングの記述や実行結果の表示を、ExcelやWordの画面上で行うことができます。
そのため、プログラムの実行結果をすぐに確認することができます。
また、リファレンスが豊富なので、初めてプログラミングを経験するのに最適です。

VBAでできること

VBAでできることを説明します。
VBAを使ってプログラムを作成することで、同じ処理の繰り返しや、定期的に行う動作を自動化することができます。
Excelでの勤怠管理を例に説明します。
毎月、繰り返し行う動作は4つあります。
前月のシートをコピー、今月のシートを作成、日付や曜日の変更、勤怠時間の入力。

VBAでプログラムを作成すると、繰り返し動作を勤務時間の入力のみに減らすことができ、作業時間の短縮につながります。


自動化のために新しいシステムを導入しようとすると、時間も費用もかかってしまいますが、VBAは自分好みの、必要な機能を手軽に追加することができます。。

Excel以外でも使える

VBAはExcelで多く使用されていますが、他のOfficeシリーズでも使用することができます。
具体的には、文書のWord、プレゼン資料のPowerPoint、データベースのAccess、メールのOutlook、ブラウザのInternetExplorerにも使うことができます。
他にも、Office製品をまたいで処理することも可能です。

Excelで作成したグラフを自動でPowerPointに貼り付けることや、Word文書をもとに自動でOutlookでメール送信すること、InternetExplorerでWebスクレイピングしてデータをExcelに貼り付けることなどができます。
Office製品は業務で非常に多く使用されているので、作業効率だけでなく、計算ミスや入力ミスを減らすこともできます。

C#、Java、Kotlin、JVMについては別で解説します。

ぜひご参考ください。

KinoCode チャンネル

YouTubeで毎日動画配信しています。
動画は3分間なので、
 ・通勤時間
 ・お昼休み
 ・お手すきのとき
 ・寝る前
など手軽に視聴できます。
 
ちょっとしたインプットにどうぞ!
 
▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。