【3分解説】プログラミング言語とは?

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、 プログラミング言語について説明をします。

▼ YouTube動画はこちらからどうぞ。

プログラミング言語とは、コンピュータを動かす言語のことです。
プログラム言語とも呼ばれます。

プログラミング言語が必要な理由

なぜプログラミング言語が必要なのでしょうか?
コンピュータは、日本語や英語などの「人間語」を理解することができないからです。
コンピュータは、機械語と呼ばれる「0」と「1」だけでできた言葉しか理解することができません。
そのため、人間語を機械語に変換できる言語が必要になります。
それがプログラミング言語です。
つまり、プログラミング言語は「人間とコンピュータが会話をするために必要な言語」と言えます。

プログラムとは

プログラムとは、コンピュータにどう動いてもらうか記した「命令書」のことをいいます。
プログラムのことを「ソースコード」「コード」「スクリプト」といったります。
プログラムは、色々な言葉で書くことができます。
挨拶文を英語の「Hello」とも書けるし、日本語の「こんにちは」と書けるということに似ています。
プログラムを書くことができる言語が、プログラミング言語です。
プログラミング言語には、C言語、JavaScript、Pythonなどがあります。

プログラミングとは

プログラミングとは、プログラムを作るための行為のことをいいます。
プログラミング言語を使って、プログラミングをして、プログラムを作るといった使い方をします。
プログラミングする人のことを「プログラマー」と呼びます。

プログラミング言語の分類

プログラミング言語は、色々な方法で分類できます。
例えば、「コンパイラ言語とスクリプト言語」、「静的型付け言語と動的型付け言語」「低水準言語と高水準言語」といったようなわけ方があります。
また、それぞれのプログラミング言語には得意分野があります。
人工知能開発が得意な言語、Webサイトを作るのが得意な言語、OSを作るのが得意な言語などがあります。

 

KinoCode チャンネル

YouTubeで毎日動画配信しています。
動画は3分間なので、
 ・通勤時間
 ・お昼休み
 ・お手すきのとき
 ・寝る前
など手軽に視聴できます。
 
ちょっとしたインプットにどうぞ!
 
▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。