【毎日Python】Pythonで新しいディレクトリを作成や上書きする方法|makedirs

【毎日Python】Pythonで新しいディレクトリを作成や上書きする方法|makedirs

pythonで、新しいディレクトリを作成する方法です。
(pythonのmakedirs関数を使用して、新しいディレクトリを作成する方法です。:下と説明が重複)
使用する関数は、osライブラリのmakedirs関数です。
似た関数として、mkdir関数があります。
今回紹介するmakedirs関数は、存在しないディレクトリの中にディレクトリを作ることができます。
mkdir関数では、これはできない操作です。
必須の引数は、作成したいディレクトリのパスです。

import os
os.makedirs('./create_directory')

osライブラリとインポートします。
makedirs、引数に作成したいディレクトリのパスを渡します。
実行します。
jupyterのファイルがある階層に、create_directoryというディレクトリが作成できました。 

os.makedirs('./deep/create_directory')

存在しないディレクトリの中にディレクトリを作ってみましょう。
mkdir関数では、これはできない操作です。
現在、存在しないdeepというディレクトリの中に、create_directoryというディレクトリを作成します。
実行します。
deepの中に、create_directoryを作成できました。 

os.makedirs('./create_directory', exist_ok = True)

makedirsの便利な引数、exist_okを紹介します。
exist_okは、既に同じ名前のディレクトリが存在する場合に、ディレクトリを作成するかしないかを指定できる引数です。
(使い方は、ディレクトリパス名の後に、カンマ、exist_ok、イコール、TrueかFalseを指定します。:削除)
この引数にTrueを渡せば、既に同じ名前のディレクトリが存在しても、ディレクトリを作成することができ、Falseを渡せば、エラーが返ってきます。
デフォルトの引数は、Falseです。
(デフォルトの引数は、Falseになっています)
Trueで実行します。
(trueで実行します。)
エラーがなく、実行できました。
この引数python3.2から追加された引数なので、それより前のバージョンでは動作しません。