【毎日Python】Pythonでファイルの作成や読み書きをする方法|open

【毎日Python】Pythonでファイルの作成や読み書きをする方法|open

Pythonでファイルを作成する方法です。
使用するのは、Pythonの組み込み関数のopen関数です。
open関数では、ファイルを読み込んだり、書き込んだりすることができます。

今回はtest.txtというテキストファイルを作成してみましょう。
第一引数にファイル名またはファイルパスを指定します。
第二引数に引数名modeで、wを指定します。
wは書き込み用を意味しています。
wの他に、rで読み込み、aで元のファイルに追記等があります。
今回は書き込むので、wを指定します。
そして、生成したオブジェクトをfileという変数に代入します。

次に、ファイルを書き込む記述を行います。
書き込みはwriteメソッドを使用します。
今回は「こんにちは」と書き込みましょう。

最後に、closeメソッドで開いたファイルを閉じる記述をします。

実行します。

ファイルが作成できました。

file = open('./test/test.txt, mode='w')
file.write('hello world')
file.close()

実行結果:
▼ ファイル
file01
▼ ファイルの中身
test.txt-a

なお、wで既に存在するファイル名を指定して書き込みを行った場合、内容は上書きされます。

file = open('./test/test.txt, mode='w')
file.write('Python')
file.close()

実行結果:
▼ ファイルの中身
test.txt-b

既に存在するファイル名を指定した際にエラーを排出したい場合は、modeをxに指定します。
実行します。
エラーが排出されました。

with open('test_with.txt', mode='w') as f:
f.write('hello world')

実行結果:
error

関連メソッド

【毎日Python】Pythonで新しいディレクトリを作成する方法|mkdir

【毎日Python】Pythonで新しいディレクトリを作成や上書きする方法|makedirs