【毎日Python】Pythonでデータを小数に変換する方法|float

【毎日Python】Pythonでデータを小数に変換する方法|float
a = 123
type(a)

Pythonでデータを小数に変換する方法です。
Pythonの組込関数のfloat関数を使用します。
まず、変数に整数を格納します。
type関数でデータ型を確認すると、int型であることがわかります。
つまり、データが整数であるということです。

a1 = float(a)
print(a1)
type(a1)

次に、この整数を小数に変換してみましょう。
float関数で実行すると、小数点以下の0が表示されました。
また、type関数でデータの型を確認すると、float型に変換されたことがわかります 。

b = '3.14'
b1 = float(b)
print(b1)
type(b1)

最後に、str型の小数でも試してみましょう。
float関数で実行します。
type関数でデータの型を確認すると、float型に変換されたことがわかります 。

なお、データ型を小数から整数に変換するには、int関数を使用します。

b = 3.14
b2 = int(b)
print(b2)
type(b2)

関連メソッド

【毎日Python】Pythonでデータを整数に変換する方法|int

【毎日Python】Pythonで絶対値を取得する方法|abs