【毎日Python】Pythonでデータフレームのカラムを日時型に変換する方法|to_datetime

【毎日Python】Pythonでデータフレームのカラムを日時型に変換する方法|to_datetime
import pandas as pd
import numpy as np

df =pd.read_csv('data.csv').head(10)
df

文字列型のカラムを日時型へ変更する方法です。
使用するのは、pandasのto_datetime関数です。
CSVファイルを読み込みます。
このようなデータフレームです。

df.dtypes

データ型を確認してみましょう。
objectと表示されています。簡単に言うと文字列型のことです。

pd.to_datetime(df['売上日'])

売上日のカラムを日時型へ変換してみましょう。
日時型に変換されたことがわかります。

df01 = pd.DataFrame(
    [['1958年05月08日','a'], ['1988年04月23日','c'], ['1955年09月10日', 'd'],['1966年06月15日','b']],
    columns=['col01', 'col02'],
    index=['idx01', 'idx02', 'idx03','idx04'])
df01
pd.to_datetime(df01['col01'], format='%Y年%m月%d日')

このような、「年月日」で表記している場合は、引数formatで指定してh変換します。
実行します。
日時型に変換できました。

関連メソッド

毎日Python】Pythonでカラムごとのデータ型を取得する方法|dtypes

【毎日Python】PythonのPandasで時刻オブジェクトを生成する方法|Timestamp

【毎日Python】Pythonで今日の日付を取得する方法|datetime.date.today

【毎日Python】Pythonで連続した日時データを作成する方法|pandas.date_range