【こつこつPython】Pythonでnpyファイルの読み取り、保存する方法|numpy.load/save

【毎日Python】Pythonでnpyファイルの読み取り、保存する方法|numpy.load/save

Pythonでnpyファイルの読み込み、保存をする方法です。
使用するのはPythonのnumpyライブラリのload、save関数です。
これらの関数はnumpy独自のファイル形式になりますが、3次元以上の配列も扱うことができます。

import numpy as np

このような3次元配列を使用します。

a = np.array([[[1, 2, 3], [4, 5, 6]],
              [[1, 2, 3], [4, 5, 6]]])
a

まず、save関数を使用して、配列を保存しましょう。
引数にファイル名と配列を指定します。
ファイル名をtestとして、3次元配列aを保存します。
実行します。

np.save("test", a)

拡張子にnpyが付いて保存されました。
ただし、このnpyファイルはExcelやNumbersでは読み込めません。

そこで、load関数を使用して、今保存したtest.npyを読み込んでみましょう。
引数にファイル名を指定することで、ファイルを読み込むことができます。
実行します。

np.load("test.npy")

test.npyを読み込むことができました。

なお、似た関数にsavez関数があります。
この関数は複数の配列を1つのファイルに保存できます。
引数に配列aを2回指定します。
実行します。

np.savez("test1", a, a)

拡張子にnpzが付いて保存されました。
このファイルもload関数を使用して読み込むことができます。
load関数のアトリビュートfilesで確認できます。
実行します。

np.load("test1.npz").files

arr_0、arr_1という名前で配列が2つ保存されていることがわかります。
中身を確認してみましょう。

np.load("test1.npz")["arr_0"]

 配列aが保存されていることが確認できました。

関連メソッド

【こつこつPython】Pythonで配列をファイルから読み込む、ファイルに保存する方法|numpy.loadtxt/savetxt