最先端&テクノロジー

最先端&テクノロジー

6Gとは?|6Gは未来の通信システム。6Gの特徴や仕組み、5Gとの違いなどを、図解を使って3分でわかりやすく解説します

6Gとは、2030年頃に導入されると予想されている次世代通信規格のことです。6Gは、「第六世代移動通信システム」の略称です。現在の通信システムは、4Gです。次の通信システムである5Gは、日本では2020年春頃にサービス開始される予定です。
最先端&テクノロジー

ビッグデータとは?|活用事例やその他の最新技術との組み合わせをまじえて、図解を使って3分でわかりやすく解説します

ビッグデータは、直訳すると「膨大なデータ」という意味です。しかし、ビッグデータは、ただの「膨大なデータ」という意味ではありません。ビッグデータは、「大量で高速、多様性のあるデータ」のことを意味しています。ビッグデータにおける「大量」「高速」「多様性」について説明します。
最先端&テクノロジー

ブロックチェーン とは?|仕組みや特徴などをまじえて、図解を使って4分でわかりやすく解説

ブロックチェーンとは、分散型の台帳技術のことです。これだとわかりにくいと思うので、1つずつ説明しています。まず、ブロックとは?チェーンとは何でしょうか?ブロックチェーン技術をもとにした仮想通貨を例に説明します。
最先端&テクノロジー

ARとは?|ARとは拡張現実のこと。ARとVRの違い、仕組みや活用事例など、図解を使って3分でわかりやすく解説します

ARとは「拡張現実(Augmented Reality)」の略称です。 拡張現実とは、どのようなものなのでしょうか? 私たちが実際に目にしている「現実」に、デジタル情報を加えて「拡張」したものが「拡張現実」です。 身近な例として、「ポケモンGO」というアプリがあげられます。
最先端&テクノロジー

IoTとは?|あらゆるものがインターネットに接続されている未来。その数は2020年までに208億個。IoTを3分でわかりやすく解説します

IoTとは、「Internet of Things」の略称です。 直訳すると「モノのインターネット」で、様々なモノがインターネットに接続されることを指します。 従来、インターネットに接続される端末はパソコンやサーバーなどの通信機器だけでした。 それが近年、スマホやタブレットなども接続されるようになり、ついには通信に関係のないモノまで接続されることになりました
最先端&テクノロジー

VRとは?|VRとは拡張現実のこと。VRとARの違い、仕組みや活用事例など、図解を使って3分でわかりやすく解説します

VRとは「仮想現実(Virtual Reality)」の略称です。 仮想現実とは、どのようなものなのでしょうか? 仮想現実とは、その名の通り「現実のように見えるけど、実際には現実ではない世界」のことです。
最先端&テクノロジー

5Gとは?|次世代の通信システムの「5G」を知れば未来がみえる。4Gとの違い、速度や仕組みなど3分でわかりやすく解説します

5Gとは、「第五世代移動通信システム」の略称です。 携帯電話などに使われる通信システムの最新規格で、日本では2020年春頃に導入される予定です。5Gの特徴は「高速・大容量」「多接続」「低遅延」です。
最先端&テクノロジー

機械学習とは?|4分でわかりやすく解説します

機械学習とは、コンピューターにある問題についての学習をさせて、問題に潜むパターンを見つけだす技術のことをいいます。 どういう意味でしょうか? ECサイトで使われている機械学習を例にみてみましょう。
最先端&テクノロジー

人工知能とは?|人工知能開発ができるプログラミング言語などの話をまじえながら4分でわかりやすく解説

人工知能とは、人間のような知能をコンピューターに持たせる技術のことを言います。 人工知能を英語にすると、artificial intelligenceです。頭文字をとって、AIと呼ばれることも多いです。 人工知能というと、人間のようにふるまうヒューマノイドロボット(人間型のロボット)をイメージするかもしれません。