【3分解説】Xcodeとは?

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、 Xcodeについて説明をします。

▼ YouTube動画はこちらからどうぞ。

Xcode

XcodeはAppleが開発・提供しているIDEです。
IDEとは、プログラミングするときに必要な機能を1つにパッケージングしたソフトウェアのことです。
Xcodeは、Apple製品のアプリ開発専用IDEです。
Apple製品には、Mac、iPhone、iPad、Apple Watch、AppleTVなどがあります。
XcodeはMacOSでのみ利用可能で、WindowsやLinuxでは使うことができません。

Apple製品のアプリ開発に最適

iPhoneやiPad、Mac、AppleTVなどのApple製品のアプリの開発は、Xcode以外のIDEで開発することもできます。
しかし、Apple製品のアプリ開発に最も適しているのはXcodeでしょう。
例えば、XcodeはApple製品のアプリ開発専用IDEなので、開発から作ったアプリの公開までの一連の流れをXcode上でできます。
また、アプリを公開するためには、Xcodeを介してアプリ公開申請をする必要があるので、Xcodeが必須になります。

Swiftとの相性が抜群

Xcodeで使えるプログラミング言語はいろいろありますが、一番相性がよいのはSwiftでしょう。
Swiftは、Apple製品のアプリを開発するためにAppleが開発したプログラミング言語です。
そのため、Apple製品のアプリ開発では、MacOSが入ったパソコンを使って、IDEは Xcode、プログラミング言語はSwiftで開発するのが一般的です。
ちなみに、2010年代前半まではObjective-Cというプログラミング言語が使われていました。
Objective-Cは、構文や表記が独特で難しい言語だったため、Swiftが開発されました。
Objective-CからSwiftに移行する傾向があるので、Apple製品のアプリ開発ではSwiftを使うのがよいでしょう。

デザインツール

Xcodeにはドラッグ&ドロップで簡単にアプリケーションを構築できるデザインツール機能があります。
例えばボタンをデザインツール上に配置すると、即座にプログラムのコードに反映されます。
Xcodeではデザインツールを使うことでコードを書くことなくデザインが可能なので、時間短縮してアプリ開発ができます。

アプリの動作テストに特化した機能

 

Xcodeで、開発中のアプリの動作確認する方法は2つあります。
iOSシミュレーターを使って確認する方法と、iPhone端末などの実機を使って確認する方法です。
特に、実機を使っての確認は、動作確認に加えてユーザー体験もできて便利です。

KinoCode チャンネル

YouTubeで毎日動画配信しています。
動画は3分間なので、
 ・通勤時間
 ・お昼休み
 ・お手すきのとき
 ・寝る前
など手軽に視聴できます。
 
ちょっとしたインプットにどうぞ!
 
▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。