【3分解説】Visual Studio Codeとは?

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、 Visual Studio Codeについて説明をします。

▼ YouTube動画はこちらからどうぞ。

Visual Studio CodeはMicrosoftが開発した無償で使えるコードエディタです。
Visual Studio CodeはVScodeとも呼ばれています。
コードエディタとは、プログラムを編集するために作られたソフトウェアのことです。
VSCodeは、コードエディタです。そのため、厳密にはIDE(統合開発環境)ではありませんが、プラグインをインストールすることで、IDEと遜色のない開発環境になります。
ちなみに、VSCodeと同じくMicrosoftが開発した「Visual Studio」という開発環境がありますが、VSCodeはコードエディタ、Visual StudioはIDEという違いがあります。
Visual Studioの方が高機能の分、重く感じることがあります。
VSCodeは非常に軽いので、小規模なアプリを作る場合はVSCodeの方が向いています。

人気のある開発環境

VSCodeは人気のある開発環境です。
「Stack Overflow」が毎年発表している好きなIDE、開発環境ランキングがあります。
2019年の好きな開発環境ランキング1位に選ばれたのがVSCodeです。
VSCodeは2015年に登場したばかりの開発環境ですが、今後さらに使われていくことが予想されます。

高いカスタマイズ性

VSCodeは、高いカスタマイズ性があります。
VSCodeではプラグインをインストールすることで、自分好みの開発環境にカスタマイズできます。
プラグインとは、Microsoftではない第三者が作成した機能のこと。
例えば、PHPで開発したい場合であれば、PHP用のプラグインを入れることで開発効率をあげられます。
開発でよく使われる言語であれば、必要なプラグインはおおよそ揃っています。

相性が良いプログラミング言語

VSCodeは、高いカスタマイズ性のおかげでどのプログラミング言語とも相性が良いです。
相性の良い言語を、強いて挙げるなら、PythonやPHPなど、手軽にコードを書いて実行できるスクリプト言語でしょう。
スクリプト言語なら、わざわざ重たいIDEを立ち上げるより、軽いVSCodeで実行する方が向いているからです。

Visual Studio、IDE(統合開発環境)については別で解説します。

ぜひご参考ください。

KinoCode チャンネル

YouTubeで毎日動画配信しています。
動画は3分間なので、
 ・通勤時間
 ・お昼休み
 ・お手すきのとき
 ・寝る前
など手軽に視聴できます。
 
ちょっとしたインプットにどうぞ!
 
  
▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。