【毎日Python】Pythonでデータフレームの欠損値を確認する方法|isnull

【毎日Python】Pythonでデータフレームの欠損値を確認する方法|isnull
import pandas as pd
import numpy as np
df = pd.DataFrame({"Name":["Sato", np.nan, "Tanaka", "Takahashi", "Ito"],
                   "Age": [np.nan, 24, np.nan, 35, 28],
                   "Smoke": [False, True, True, np.nan, False]})
df

Pythonでデータフレームの欠損値を確認する方法です。
使用するのは、pandas.DataFrameのisnullメソッドです。
このようなデータフレームを作成します。

df.isnull()

欠損値の場合は、Trueが表示されます。
実行します。
データフレーム全体がbool型で返ってきました。

df.isnull().sum()

isnullメソッドにsum関数を追加すると、欠損値の数をカラムごとに表示することができます。
実行します。
データ全体で、どのくらいの欠損値があるのかを把握するにに便利です。

df['Age'].mask(df['Age'].isnull(), df['Age'].mean())

また、maskメソッドと組み合わせると、欠損値を平均値で埋めることができます。

df['Age'].fillna(df['Age'].mean())

ちなみにこれと同じようなことはfillnaメソッドでも可能です。

関連メソッド

【毎日Python】Pythonでデータフレームの条件に応じて値を変更する方法|mask

【毎日Python】Pythonでデータフレームの欠損値を置換する方法|fillna