【毎日Python】Pythonで変数のデータ型を取得する方法|type

【毎日Python】Pythonで変数のデータ型を取得する方法|type

pythonのtype関数を使用して、変数の型を表示させる方法です。
使用する関数は、組み込み関数のtype関数です。
必須の引数は、判定したい変数や数字です。
type引数に、判定したい文字や、数字を渡します。
いくつか試してみましょう。

type(1)
type(0.1)
float

数字の1で実行すると、整数型のint、0.1で実行すると、浮動小数点を表すfloatが返ってきます。

import pandas as pd
import numpy as np
df = pd.DataFrame({1,2,3})
df
num = np.array([[1], [2],[3]])
num
type(df)
type(num)
import datetime
dt = datetime.date.today()
print(dt)
str = '2021-07-09'
print(str)
type(dt)
type(str)

他にも、見た目だけでは判別が難しい場合の判定もできます。例えば、dataframeかndrrayか、文字列かdatetimeかなどです。

一見地味な関数ですが、型が違うことによるエラーが発生した際の確認に活躍する大事な関数です。

関連メソッド

【毎日Python】Pythonでカラムごとのデータ型を取得する方法|dtypes

【毎日Python】Pythonでデータフレームの文字列データをダミー変数に変換|pandas.get_dummies

【毎日Python】Pythonでフォームに入力した文字列を取得する方法|input