KinoCodeが考える「脱プログラミング初心者」の定義は何か?

プログラミング初心者を脱したとは、どのような状態のことをいうのでしょうか?
脱プログラミング初心者を知ったからといって、あるいは、脱プログラミング初心者になったからといって、資格がもらえるわけでも、称号がもらえるわけでもないです。
実用的ではありません。
だけど、キノコードは、YouTubeでプログラミングを教えていますし、プログラミング学習のためのWebサービスを開発しています。
そう言った観点から、プログラミング学習している方が、何をゴールに学習をすればいいか目標を設定する必要があると考えています。
したがって、キノコードでは、プログラミング初心者を定義していますので、これを機会にキノコードが考えるプログラミング初心者についてご説明します。
あまり役に立たないかもしれませんが、目標設定のためにも最後まで聞いていってください。

プログラミング初心者とプログラミング未経験者とは何か?

脱プログラミング初心者を説明する前に、プログラミング未経験者とプログラミング初心者について解説をします。
プログラミング未経験者とは、プログラミングを始めたことがない方です。
具体的には、プログラミングを実行したことがない方です。
したがって、プログラミングを本や動画で学習しただけの人は、プログラミング未経験者に該当します。
一方で、プログラミングを実行したことがある人は、プログラミング初心者です。
つまり、この動画を見てくださっている方の中で、プログラミングを実行したことがある方は、脱プログラミング未経験者です。

脱プログラミング初心者とは

プログラミングを実行したことがない人は、プログラミング未経験者。
プログラミングを実行したことがある人は、脱プログラミング未経験者であり、プログラミング初心者です。
では、脱プログラミング初心者とは、なんでしょうか?
キノコードが考える、脱プログラミング初心者とは、自分が作りたい物、あるいは、人から依頼された物、すなわち、成果物を1つ作れたら脱初心者ができたと考えています。
例えば、
・人工知能でレコメンドエンジンを作れた
・プログラミングを使ってExcel作業を自動化できた
・簡単なWebサービスを作れた
などなど。
簡単な物でもいいので、自分の作りたいものを思い通り作ることができたら脱プログラミング初心者だと考えています。

まとめ

プログラミングを実行したことがない人は、プログラミング未経験者。
プログラミングを実行したことがある人は、プログラミング初心者。
プログラミングで作りたいもの1つでも作れたら、脱プログラミング初心者。
そう言ったふうに考えています。
みなさんは今、どの位置にいますか?
次のステップへ目指して頑張ってください。