エンジニア未経験から転職するなら登録すべきサイト3選

IT人材の需要が高まっている今、未経験からエンジニアを目指そうと思っている方も少なくありません。

今日はそんな方に向けて、

  • 本当に未経験からエンジニアになれるの?
  • 転職サイトに登録したいけど未経験者向けのおすすめはある?

といった疑問に答えます。

わたしは現在キノコードというYoutubeチャンネルにてプログラミング学習の動画をアップしています。
前職はリクルートでエンジニアの転職事情にも詳しいです。

今回はそんなわたしが、未経験からエンジニアに転職するための方法とおすすめの転職サイトについて解説します。

IT業界への転職は未経験でもできる?

未経験からエンジニアに転職しようと思った時に、まず気になるのは「そもそも未経験でも転職できるのか」という点かと思います。

結論、未経験からエンジニアに転職することは可能です。

なぜなら、IT人材の需要は今後も拡大し続けることが予想されているからです。

実際にデータを見てみると、2030年に79万人のIT人材が不足すると予測されているほど深刻な状態です。
また、dodaの転職求人倍率レポートによると、2020年11月の求人倍率(求職者1人あたり何件の求人があるか示す数値)は5.2です。

このことからも、エンジニアの需要は大きいことが分かるでしょう。

なお、転職市場の動向については以下の記事にて詳しく説明しています。

>> コロナ禍におけるエンジニア転職

未経験からのエンジニア転職に失敗しないために大切な心構え

逆算思考を持つ

未経験からエンジニアに転職したいときに大切にして欲しいのが、逆算思考を持つことです。

エンジニアと一口に言っても業務内容や必要な技術は多岐に渡るので、がむしゃらに勉強してもその技術が自分が入りたい会社で役立つとは限りません。
効率よく転職活動をするために、まずはゴールを設定しましょう。

具体的には、まずは転職したい会社を探すこと。
そして、その会社に求められている技術を調べて習得した上で、ポートフォリオ作成や転職活動に臨むのがおすすめです。

転職サイトの求人を見ながら、

  • どんな技術が求められているか
  • どの程度のレベルが求められているか
  • 自分はどんな分野に興味を惹かれるか

を考えてみましょう。

そのため、今すぐ転職する気がない方も、まずは転職サイトに登録して求人を眺めてみるところから始めてください。

未経験の求人に臨むならある程度の覚悟を持つ

実際に転職サイトに登録して求人を見ると分かりますが、中には「未経験可」の求人も多くあります。
人手不足のIT業界では、育成する環境を用意してでも人材を確保したいという会社もあるからです。

こうした未経験の求人を狙って転職活動を行うのもひとつの手です。

ただし、その場合は年収は下がることを覚悟しておきましょう。
また、これはエンジニアになるなら必須のことですが、自発的に学んで成長する姿勢を持ち続けることも大切です。
たとえばもしあなたが現在社会人三年目なら、新卒からエンジニアをやっている人との三年のギャップを埋める覚悟は持っておかなければなりません。

少々厳しい話をしましたが、エンジニアは学べば学んだ分だけ結果が出る仕事ですので、楽しみながら学習に励んでください。

転職サイトは幅広く登録しておく

転職サイトには、求人広告型とエージェント型の二種類があります。

種類説明
求人広告型求人広告が掲載されており、自分で応募する求人を選んで転職や受注を進める。
例)リクルートキャリア、クラウドワークスなど
エージェント型キャリアアドバイザーが担当でつき、求人を紹介してもらって支援を受けながら転職を進める。
例)レバテックキャリア、UZUZ、マイナビエージェントなど

また、それぞれ総合サイト型とエンジニア特化型があります。

種類説明
総合サイト型幅広い業界の情報を収集できて求人数が多いが、専門性は薄い。
エンジニア特化型IT業界出身のアドバイザーなどからリアルな情報を収集できるが、求人数は少ない。

それぞれ一長一短ですが、おすすめはまずは幅広く登録しておくことです。
そうすることでそれぞれの弱みを補いつつ、良さを活かして転職活動を進めることができます。

エージェント型のおすすめは以下の記事にて紹介していますので、ぜひ併せて参考にしてください。

>> 未経験からエンジニアを目指す人におすすめの転職エージェント【活用ノウハウも紹介】

エンジニア未経験者が登録すべき転職サイト3選

それでは、未経験者向けの転職サイトを3つご紹介します。

クラウドワークス


日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

クラウドワークスは、オンライン上での仕事マッチングサービスで、在宅で稼ぎたい方におすすめのサービスです。
将来的にフリーランスとして在宅で仕事がしたいという方はもちろんのこと、
エンジニア初心者でまずは仕事を請けてみたいという方が一歩を踏み出すのにも良いでしょう。

仕事内容の幅が広いため、初心者でも自分のレベル感にあった仕事を見つけることができます。
また、1日数時間で完了できる仕事もあることから、転職前に合間時間にて実務経験を積んでおくのにもぴったりです。

項目説明
分類求人広告型・総合型
エリア全国
ポイント国内最大級の仕事マッチングサービス
こんな人におすすめ在宅で仕事をしたい方や、初心者で実務経験を積んでおきたい方

フリーランススタート


フリーランスエンジニアの案件は【フリーランススタート】

フリーランススタートは、エンジニア案件15万件以上を検索して応募ができるエンジニア特化型のサービスです。

ポイントは、各社のフリーランスエージェントが保有している案件を一括で検索できること。また、エージェントの口コミも横断的に閲覧することができます。

フリーランスとして案件に応募したいときはもちろんのこと、全てのエージェント案件の一覧が見れるため、どんな仕事があるかイメージを掴みたい方も登録してみると良いでしょう。

項目説明
分類求人広告型・特化
エリア全国
ポイントエージェント案件の一覧が見れる検索サービス
こんな人におすすめフリーランスを目指す方や、どんな仕事があるかイメージを掴みたい方

フォスターフリーランス


【フォスターフリーランス】

フォスターフリーランスは、20年のノウハウがあり利用者満足度90%以上の実績を誇るエンジニア特化型の支援サービスです。

フリーランスITエンジニア専門のサービスとして、フリーランスやIT業界の動向を熟知したスタッフから提案を受けることができます。また、これからフリーランスを始めてみようと考えている方も対象なので、フリーランスに興味がある方におすすめです。

サイト上から案件を探すこともできるので、まずはどんな案件があるか見てみると良いでしょう。

項目説明
分類求人広告型・特化
エリア:一都三県(東京/神奈川/千葉/埼玉)
ポイントフリーランスITエンジニア特化型の支援サービス
こんな人におすすめフリーランスに興味がある方や、どんな案件があるか見てみたい方

エンジニア未経験者の転職についてまとめ

今回は、未経験からエンジニアを目指すために必要な考え方をお伝えした上で、おすすめの転職サイトについて紹介しました。

本文でも触れましたが、まずはどんな求人があるかが分からなければやるべきことが明確になりません。
まずは転職サイトに登録して、求人を眺めるところからスタートしましょう。
登録は無料でできますし、たった数分で完了します。

早速行動に移して、エンジニア転職への一歩をサクッと踏み出しましょう。