【5分レッスン】Ruby超入門コース#02 Rubyとは?

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、 Rubyについて説明をします。

Rubyは、1995年にまつもと ゆきひろさんが公開したプログラミング言語です。
Rubyが得意なことは、Webアプリケーションの開発です。

国産のプログラミング言語

Rubyは、日本で生まれた国産プログラミング言語です。
そのため日本語のリファレンスが非常に豊富です
なので、日本人にとっては取っつきやすい言語であると言えます。

初心者向き

Rubyは「スクリプト言語」です。
スクリプト言語とは、プログラムの記述や実行が簡単な言語のこといいます。
そのため、JavaやC言語のようなプログラミング言語だと5~6行必要なプログラムが、Rubyなら1行で済んでしまうことがあります。
これはスクリプト言語の一つの特徴で、大きなプログラムになればなるほどコードの記述量は少なくなります。
初心者が覚えなければならないことも必然的に少なくなるので、初めてプログラミングを経験するのに最適です。

フレームワーク「Ruby on Rails」

Rubyを使うのであればRuby on Railsは外せません。というのも、Rubyが人気になった理由はRuby on Railsの存在があったからです。
Ruby on RailsはRubyで開発された強力なweb開発用フレームワークで、Railsを使用することでwebアプリケーションを効率よく開発できるようになります。
Rubyには他にもフレームワークが公開されていますが、Railsが圧倒的に使われています。
Rubyは、初心者向けの言語ですが、Railsという強力なフレームワークがあるので、上級者まで幅広い層に人気のある言語です。
 

KinoCode チャンネル

YouTubeで毎日動画配信しています。
動画は3分間なので、
 ・通勤時間
 ・お昼休み
 ・お手すきのとき
 ・寝る前
など手軽に視聴できます。
 
ちょっとしたインプットにどうぞ!
 
▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。