【5分レッスン】Ruby超入門コース#03 環境構築

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、Ruby超入門コース#03 環境構築について説明をします。

▼ YouTube動画はこちらからどうぞ。

環境構築とは、プログラムを書いたり、実行できたりする環境を自分のコンピュータに整えることをいいます。
環境構築のために、Ruby本体、VisualStudioCode本体、VisualStudioCodeのRuby拡張機能の3つをインストールします。
インストールするものをそれぞれ簡単に説明します。
はじめに、Rubyです。
Ruby本体をインストールします。インストールすることにより、Rubyのプログラムを実行できるようになります。
次に、Visual Studio Codeについてです。
Visual Studio Codeとは、マイクロソフトが開発したプログラムを書くためのエディタです。
VScodeとも呼ばれています。
VScodeは、Windows、macOS、Linux、色々なOSで使うことができます。
また、Java、C言語、pythonなど有名どころプログラミング言語を書くことができます。
VScodeは、好きな開発環境の1位に選ばれている人気の開発環境です。
キノコードのレッスンでは、設定などで迷うことなく言語の学習に集中できるように、基本的にはVScodeを開発環境として使っていきます。
インストールするものは、概要欄にURLを貼っておきます。

Rubyのインストール

Rubyのインストール方法です。
macOSには標準でRubyがインストールされています。
ターミナルで確認してみましょう。
spotlightからターミナルを検索して起動します。
ruby -v
ruby、ハイフン、vと入力してエンター。
バージョンが返ってきたらRubyがインストールされています。

Visual Studio Codeの設定方法

VScodeのインストールと設定を進めていきましょう
公式サイトからVSCodeをダウンロードします。
Googleで「VSCode」と検索すれば出てきます。
こちらが公式サイトです。
ここに「Download for Mac」がありますのでクリックしてダウンロードしましょう。
(ダウンロードには数分かかります)
ダウンロードが完了したら、zipファイルを解凍。
解凍すると「Visual Studio Code」というファイルができます。
このような表示がでるので、「開く」をクリック。
そうすると、VScodeが立ち上がります。
VSCodeが起動しやすいように、アプリケーションフォルダに追加、あわせて、Dockに追加しておきましょう。
Dockに表示されているVSCodeのアイコンを右クリックして、「Dockに追加」をクリックすると追加できます。
左のバーをアクティビティバーといいます。
この四角のアイコンをExtensionsといいます。ここで、拡張機能をインストールできます。
表示が英語になっているので、日本語に変えてみましょう。
「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」と検索してみましょう。「Japanese」と入力すると、候補が出てくると思います。
クリックをして、インストールをクリック。
インストールが終わったらvscodeを再起動してみましょう。
表示が日本語になっています。
これでVisual Studio Codeの設定が完了です。

VisualStudioCodeのRuby拡張機能のインストール

最後に、Rubyの拡張機能のをインストールします。
先ほどと同様にExtensionsから「Ruby Extension Pack」を検索して、インストールします。
インストールが終わったら、Rubyの環境構築が完了です。

KinoCode チャンネル

YouTubeで毎日動画配信しています。
動画は3分間なので、
 ・通勤時間
 ・お昼休み
 ・お手すきのとき
 ・寝る前
など手軽に視聴できます。
 
ちょっとしたインプットにどうぞ!
 
▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。