【SQL超入門講座】03.SELECT文|SQLの基本中の基本

オープニング

こんちには。キノコードです。
この動画はSQL超入門講座の3回目です。
この動画では、最もよく使われるSQL文であるSELECT文について説明をします。
基本的なSQL文なのでしっかりマスターしてください。
キノコードでは、SQL超入門講座の他に、人気言語のPython超入門講座、仕事の自動化の講座、Pythonを使った株の分析講座、人工知能の講座を配信しています。
チャンネル登録がまだの方は、新着通知がいきますので、ぜひチャンネル登録をお願いします。
それでは、レッスンスタートです。

【SQL超入門講座】03.SELECT文|SQLの基本中の基本

select文とは

それでは、テーブルからデータを抽出してみましょう。
SELECT文を発行することで、データベースから欲しい情報を取り出すことができます。
SQLを発行、つまり、実行をするにはSQL実行のタブをクリックします。

SELECT カラム名 FROM テーブル名;

SELECT文の基本的な構文は、次の通りです。
「どのテーブルから(FROM テーブル名)」「何のデータを取り出す(SELECT カラム名)」という形になります。
SQL分の最後にはセミコロンを書きます。
RDBMSによってはこのセミコロンが省略不要なものもあります。
SQLiteでは、セミコロンが不要です。あとで試してみましょう。

select ID
from test_table;


それではさっそくSELECT文を書いて、データを取り出していきましょう。
テーブルから「ID」のデータを取り出してみます。
抽出するカラムはIDです。
selectとかいてID。
抽出するテーブルはtest_tableなので、from 半角スペース test_tableです。
このSELECT文を実行すると、「ID」のデータを抽出することができます。
再生ボタンを押すと実行できます。
実行します。
IDのカラムのみ抽出することができました。

select ID
from test_table

先程も説明した通りセミコロンは省略することができます
省略をして実行してみましょう。
エラーにならずデータを抽出することができました。

select ID,売上日,社員ID
from test_table;


カラムは、「,(カンマ)」で区切ることで複数指定することができます。
カンマで区切って、ID,売上日,社員IDを抽出してみましょう。
実行します。
抽出できました。

select ID,売上日 as sales_date,社員ID as employee_id
from test_table;

また、カラム名は、asをつけることによりカラム名を変更することができます。
売上日をsales_date、社員IDをemployee_idに変更してみます。
変更することができました。

select *
from test_table;

カラム名の代わりに「*」を使うことで、全てのカラムを抽出することができます。
実行します。
すべてのカラムを抽出することができました。

以上が、基本的なSELECT文の使い方となります。

おわりの挨拶

テーブルの説明とSELECT文についての説明でした。
いかがでしたでしょうか?
キノコードの動画作成では、余計な部分をカットしてシンプルにしつつも、綺麗なアニメーションをいれることを意識しています。
気に入っていただけましたら、これからもたくさん動画をだしていきますので、ぜひチャンネル登録をお願いします。
それではまた次のレッスンでお会いしましょう。