キノカレッジ
キノクエスト
キノクエスト for Biz

【こつこつPython】Pythonで画像を読み込み表示する方法|matplotlib.pyplot.imread/imshow

Pythonで画像を読み込み、表示する方法です。
使用するのはPythonのmatplotlibライブラリのimread、imshow関数です。

import matplotlib.pyplot as plt

まず、imread関数を使用して画像を読み込み、変数imgに代入しましょう。
引数にファイル名、またはファイルパスを指定します。
今回はノートブックと同じ階層にあるa.jpgという画像ファイルを使用します。
実行します。

img = plt.imread("a.jpg")

なお、画像は配列にして返されます。
確認してみましょう。

img.shape

縦720ピクセル、横1280ピクセル、RGB3色のカラー画像であることがわかります。
この画像をimshow関数を使用して表示してみましょう。
引数に画像が代入された変数を指定します。
実行します。

plt.imshow(img)
plt.show()

画像を表示できました。

引数alphaに数値を指定することで、画像の透明度を変更できます。
alphaの範囲は0から1の間で、0に近いほど透明になります。
実行します。

plt.imshow(img, alpha=0.4)
plt.show()

画像の透明度を変更できました。

更に引数originにlowerを指定することで、画像を上下反転させることもできます。
実行します。

plt.imshow(img, origin="lower")
plt.show()

画像を上下反転させることができました。

なお、今回紹介したimread関数で画像を読み込むことはできますが、公式ドキュメントではpillowライブラリのopen関数で画像を読み込むことを推奨しているので注意しましょう。