> クリックはこちら
> クリックはこちら

【テクノロジー教養】マーケティングオートメーションとは何か?

こんにちは。KinoCodeです。

最近、マーケティングオートメーションという言葉を聞きませんか?

これは一体なんなのでしょうか?

この記事では、マーケティングオートメーションについて解説をします。

ただし、この記事は、私なりの解釈や実体験で解説をします。

誤っていることがあるかもしれませんので、その場合はご容赦ください。

マーケティングオートメーションとは何?

マーケティングオートメーションとは、読んで字の如く、マーケティングをオートメーションすることです。

つまり、マーケティングを自動化するということです。

じゃあ、具体的にどんなものなのでしょうか?

具体例

例えば、ECサイト企業の場合、メールマガジンを送っているケースが多いです。

どんなメールを送っているか。

最近の売れ筋の商品を送るであったり、Tシャツの特集の商品を送っています。

いずれにしても、メールマガジンを送りにしても、企画をして、文章を考えて、メールの文面をメールを送るシステムに設定して、テスト送信をして、実際に配信…。

そういったことをやっています。

大変ですよね。

これを手動マーケティングと呼びます。

これをマーケティングオートメーションにしましょう。

例えば、カートにいれたままの人に定型文でお知らせをする、昨日サイトに来訪したユーザーの閲覧履歴があるもののおすすめ商品を定型文で送るなど。

つまり、ユーザーのアクションがあったらそれをトリガーとして、自動で訴求を含めたマーケティングをするものが、マーケティングオートメーションです。

一回、設定をしてしまえば、あとは自動です。

一切、時間がかかることはありません。

どのぐらい効率化されるのか?

手動マーケティングは企画も含めて10時間かかったとします。

これを毎日やったとします。

毎月200時間です。

年間だと2400時間です。

マーケティングオートメーションは、一度の設定に50時間かかったとしても、あとは自動です。

50時間で終わりです。

圧倒的な業務化ですよね。

ほぼ1人の分の年間の労働時間を削減できます。

これがテクノロジーであったり、ITの力ですよね。

規模が大きくなると、DXといったりもします。

DXって何かについてもまた別の機会で解説をします。

年収500万円の人を採用していたとしたら、その分の支出が削減できます。

500万円の営業利益が増えることになります。

営業利益率が20%の会社なのであれば、2500万円の売上を作っているのと同等と考えることもできますよね。

マーケティングオートメーションで有名なツール

マーケティングオートメーションのことをMAといったりもします。

MAツールで有名なのは、SalesForceであったり、Marketoが有名どころでしょう。

セールスフォース・ドットコム - Wikipedia

私が使ったことがあるから有名といっているかもしれませんが…。

これらのMAツールがあれば、One to Oneマーケティングを実現できます。

One to Oneマーケティングについては、また別の機会で解説します。