プログラミグ学習のモチベーションをキープするには目標を明確に描くことです。 どのようなところに就職したいのか?そのために必要なスキルは何か?そういったことをゴールから逆算することです。 私自身もリクルートへ転職できたのも2年前からそれらを設計していたからです。 現在の自分の実力を知る意味でも「マイナビIT AGENT」にご登録して、プロに無料相談してみてはいかがでしょうか?

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

【リファレンス】行列の固有値の求め方【Python】

numpy.linalg.eig(行列)

固有値を求めるには、numpy.linalg.eig(行列)を使います。

 

in

import numpy

arr = numpy.array([[1, -2, 0] , [-1, 1, -1] , [0, -2, 1]])

w, v = numpy.linalg.eig(arr)

print(w)

out

[-1. 1. 3.]

サンプルコードで解説

サンプルデータ作成

サンプルデータとして、行が3次元、列が3次元のarray(配列)を作成して、変数arrに代入。

in

import numpy

arr = numpy.array([[1, -2, 0] , [-1, 1, -1] , [0, -2, 1]])

 

arrを表示してみる。

in

print(arr)

 

行が3次元、列が3次元の配列ができている。

out

[[ 1 -2 0]
 [-1 1 -1]
 [ 0 -2 1]]

 

固有値を求めてみる。

in

w, v = numpy.linalg.eig(arr)

 

戻り値は2つあって、「w」が固有値、「v」が正規化された固有ベクトル。

固有値のwをプリントしてみると、固有値が求められている。

out

[-1. 1. 3.]

 

プログラミグ学習のモチベーションをキープするには目標を明確に描くことです。 どのようなところに就職したいのか?そのために必要なスキルは何か?そういったことをゴールから逆算することです。 私自身もリクルートへ転職できたのも2年前からそれらを設計していたからです。 現在の自分の実力を知る意味でも「マイナビIT AGENT」にご登録して、プロに無料相談してみてはいかがでしょうか?

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

転職ではなく、フリーランスを目指していらっしゃる方は「フリーランスの案件はどのような案件があるのか?」 「現在のスキルでフリーランスになった場合年収はどのぐらい増えるのか?」を一度知っておくと良いと思います。 自分の現在地を知って、目標までどのぐらいなのか?どういった差分を埋めなきゃいけないのか考えてみましょう。 私が中小企業からリクルートに転職したのもこのようなことを知人のキャリアコンサルタントに相談したことがきっかけでした。 フリーランスエンジニアを目指す方は、「レバテックフリーランス」に登録をしてみてはいかがでしょうか?

フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス

リファレンス
KinoCode