Pandas入門講座|11.データの結合方法(merge)【PythonのライブラリPandas】

はじめに

こんにちは。キノコードです。
この動画では、Pandas主にデータフレームの結合の方法について学びます。
結合とは、2つのデータフレームをくっつけることです。
Pandasによる結合の方法はいくつかありますが、ここではmergeメソッドについて説明します。
mergeメソッドは、SQLのjoinやExcelのVlookupと似ています。
例えば、AさんからEさんまで、数学の点数が記録されたデータフレームと、国語の点数が記録されたデータフレームがあったとします。
Pandasでは2つのデータフレームを左のデータフレームと右のデータフレームとして考えます。
この2つのデータフレームが名前の部分が一致していますよね。
この名前の部分を共通キーに2つのデータフレームを結合をします。
そして、名前の部分は共通部分なので、片方の名前のカラムが消え、2つのデータフレームが1つになったデータフレームができあがります。
それではパソコン画面に切り替えてレッスンを進めていきます。

 

 

 

レッスンで使ったファイルはこちら

■保存方法
Mac:右クリック⇒「リンク先を別名で保存」
Windows:右クリック⇒「名前を付けてリンク先を保存」

Jupyter Labのファイルはこちら