【毎日Python】Pythonで配列の絶対値を取得する方法|numpy.abs

【毎日Python】Pythonで配列の絶対値を取得する方法|numpy.abs

Pythonで配列から絶対値を取得する方法です。
使用するのはPythonのnumpyライブラリのabs関数です。
絶対値とは、0からの距離を意味します。

import numpy as np

まず、このような配列で試してみましょう。

a = np.array([-2, 5, -8, -1, -3])

abs関数で実行します。
それぞれの値の絶対値を、配列で取得することができました。
負の整数も、それぞれ0からの距離が取得できています。

np.abs(a)

実行結果:

array([2, 5, 8, 1, 3])

次に、要素が小数の配列で試してみましょう。
実行します。
要素が小数の場合でも、絶対値を取得することができました。

a = np.array([-2.7, 1.9, -3.4, -6.4, -5.2])

実行結果:

array([2.7, 1.9, 3.4, 6.4, 5.2])

なお、配列以外にも、数値やリストを引数に指定することもできます。

▼ 数値

np.abs(-3)

実行結果:

3

▼ リスト

np.abs([-1, 0, 1])

実行結果:

array([1, 0, 1])

関連メソッド

【毎日Python】Pythonで絶対値を取得する方法|abs