PHP超入門コース#14 実践

はじめに

こんにちは。キノコードです。
「PHP超入門コース#14 実践」について説明します。

実践

実践編として、テスト結果を判定するプログラムを作ってみましょう。
どのようなプログラムを書くか説明します。

class Student constructor(name: String) {

  var name = name

  fun calAvg(data: IntArray): Int {
    var sum = 0
    for(score in data) {
        sum += score
    }
    var avg = sum / data.count();
    return avg
  }

  fun judge(avg: Int): String {
    var result:String
    if(avg >= 60) {
      result = "passed"
    } else {
      result = "failed"
    }
    return result
  }
}

まず、Studentというクラスを作ります。
Studentクラスには、生徒の名前を代入する「name」のプロパティを定義します。
そして、Studentクラスには2つメソッドを定義します。
1つのメソッドは、5教科の平均点を計算するcal_avgメソッド。
ちなみに、calは計算するという意味のcalculate、avgは、平均のaverageを省略する時にプログラミングでよく使う文字です。
もう1つメソッドは、平均点以上だったら合格という意味の”passed”を表示、平均点以下なら不合格という意味の”failed”を表示させるjudgeメソッドを定義します。
早速、ソースコードをみていきましょう。
クラスを定義していきましょう。
まずclassと書いて、次にクラス名を書きます。
今回はStudentというクラス名なので、Student。
次に、プロパティを定義していきましょう。
プロパティは、コンストラクタのところに記述します。
佐藤さん、鈴木さん、佐々木さんといったような名前を代入したいので、プロパティはnameとしておきましょう。
次に、5教科の平均点を計算するcal_avgメソッドを定義します。
cal_avgメソッドには、5教科の点数が格納されている配列を渡します。
引数名はdataとしましょう。
cal_avgメソッド内に、sumという変数を定義をして、0を代入。
レッスン11の繰り返しで説明した、for文を使って配列の要素数分繰り返します。
配列の要素数を求めるにはcountメソッドを使います。
次に、レッスン09の演算子で説明した、複合代入演算子を使って配列の値を足し上げます。
そして、合計を、配列の要素数で割って平均を算出し、avgという変数に代入します。
算出した値をreturnで返します。
最後に、テスト結果を判定するjudgeメソッドを作ってみましょう。
judgeメソッドに平均点を渡しましょう。引数名はavgとします。
レッスン10の条件分岐で説明した、if文を使って、平均点が60点以上ならpassed、それ以外ならfailedが、resultという変数に格納されるようにします。
これもreturnで返します。
これで、judgeメソッドの完成です。
これでクラスの定義は終わりです。


<?php

  class Student {

    public $name;

    public function __construct($name) {
      $this->name = $name;
    }

    function cal_avg($data) {
      $sum = 0;
      for($i = 0; $i < count($data); $i++) {
        $sum += $data[$i];
      }
      $avg = $sum / count($data);
      return $avg;
    }

    function judge($avg) {
      $result;
      if(60 <= $avg) {
        $result = "passed";
      } else {
        $result = "failed";
      }
      return $result;
    }

  }

  $a001 = new Student("sato");
  $data = [70, 65, 50, 90, 30];
  $avg = $a001->cal_avg($data);
  $result = $a001->judge($avg);    
  
  echo count($data)."\n";
  echo $a001->name."\n";
  echo $avg."\n";
  echo $result."\n";

それでは、クラスをインスタンス化しましょう。
aという学級の出席番号001番の人は、satoさんだとします。
したがって、インスタンス名をa001とします。
「sato」を渡してインスタンス化します。
そして、dataという変数に、配列を代入。配列には、70, 65, 50, 90, 30という5科目の点数を記述します。
cal_avgメソッドに配列を渡して平均点を算出します。
returnで平均点が返ってくるので、これをavgという変数に格納します。
そのavgをjudgeメソッドに渡すと、passedかfailedが返ってくるはずです。
echoで、配列の要素数をもとめるcount(data)、名前のname、平均点のavg、判定結果が代入されているresultを表示させてみましょう。
配列の要素数5、名前のsato、61という平均点、passedが返ってきました。


<?php

  class Student {

    public $name;

    public function __construct($name) {
      $this->name = $name;
    }

    function cal_avg($data) {
      $sum = 0;
      for($i = 0; $i < count($data); $i++) {
        $sum += $data[$i];
      }
      $avg = $sum / count($data);
      return $avg;
    }

    function judge($avg) {
      $result;
      if(60 <= $avg) {
        $result = "passed";
      } else {
        $result = "failed";
      }
      return $result;
    }

  }

  $a001 = new Student("sato");
  $data = [70, 65, 50, 10, 30];
  $avg = $a001->cal_avg($data);
  $result = $a001->judge($avg);    
  
  echo count($data)."\n";
  echo $a001->name."\n";
  echo $avg."\n";
  echo $result."\n";

次に配列の中の90を10に変更してみましょう。
平均が45になるので、failedが表示されるはずです。
実行してみます。
5と45点と名前とfailedが返ってきました。
これでPHPの超入門コースはおわりです。お疲れ様でした。