PHP超入門コース#03 環境構築(for Windows)

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、PHP超入門コース#03 環境構築について説明をします。

▼ YouTube動画はこちらからどうぞ。

環境構築のために、PHP、VisualStudioCodeの2つをインストールします。
インストールするものをそれぞれ簡単に説明します。
まずPHPです。
PHP本体をインストールします。インストールすることにより、PHPのプログラムを実行できるようになります。
次に、Visual Studio Codeについてです。
Visual Studio Codeとは、マイクロソフトが開発したプログラムを書くためのエディタです。
VScodeとも呼ばれています。
VScodeは、Windows、macOS、Linux、色々なOSで使うことができます。
また、Java、C言語、pythonなど有名どころプログラミング言語を書くことができます。
VScodeは、好きな開発環境の1位に選ばれている人気の開発環境です。
キノコードのレッスンでは、設定などで迷うことなく言語の学習に集中できるように、基本的にはVScodeを開発環境として使っていきます。
インストールする二つは、概要欄にURLを貼っておきます。

PHPのインストール方法

PHPのインストール方法です。
コントロールパネルのシステム画面を開きます。
システムの種類とビット数が書かれています。
このビット数に同じPHPをインストールしましょう。
PHPのサイトからダウンロードできます。
Googleで「PHP」と検索すると、PHPのホームページが出てくると思います。
こちらをクリック。
「ダウンロード]という記述があるので、ボタンをクリック。
「Windows downloads」のリンクをクリックします。
「Thread Safe」と書いてある、該当のビット数のzipファイルをダウンロードしましょう。
フォルダを開き、zipファイルを展開しましょう。
展開先をC直下のPHPにして、「展開」ボタンをクリック。(PHPフォルダは自動で作られます。)
PHPフォルダの中に、「php.exe」ファイルが存在すればインストールは完了です。
引き続き、PHPが実行できるようにするために環境変数を設定します。
Windowsの検索欄で、「システム環境変数」と入力し、「システム環境変数の編集」をクリックします。
「環境変数」をクリック。
「ユーザー環境変数」の「Path」をクリックし、「編集」をクリックします。
「新規」をクリックし、zipファイルを展開したフォルダ「C:\PHP」を入力して、「OK」をクリックします。
以上で、環境変数の設定が完了しました。環境変数の設定を反映させるため、PCを再起動してください。
再起動後にコマンドプロンプトを開きます。
「Windows」ボタンと「R」で検索窓を開き、「cmd」を入力しエンター。コマンドプロンプトが開きます。
php -vと入力してください。バージョンが返ってくれば、環境変数の設定が完了です。

Visual Studio Codeのインストール方法と設定

最後に、VScodeの設定を進めていきましょう
公式サイトからVScodeをダウンロードします。
Googleで「vscode」と検索すれば出てきます。
こちらが公式サイトです。
「今すぐ無料でダウンロードする」をクリック。
ここに「Windows」の「こちら(User Installer 64bit)」をクリックしてダウンロードしましょう。
(ダウンロードには数分かかります)
ダウンロードが完了したら、ファイル(VSCodeUserSetup-x64-1.42.1.exe)をダブルクリック。
「セットアップ」画面が表示されるので、「同意」を選択し、「次へ」をクリック。
VSCodeをインストールするフォルダも、デフォルトのままにしておきましょう。
「次へ」をクリック。
「次へ」をクリック。
「デスクトップ上にアイコンを作成する」以外にチェックを入れ、「次へ」をクリック。
「インストール」をクリックしてインストールを開始します。
これでセットアップは終わりです。「完了」をクリックして、VSCodeを起動します。
VScodeが立ち上がりました。
表示が英語になっているので、日本語に変えてみましょう。
一番左のバーをアクティビティバーといいます。
この四角のアイコンをExtensionsといいます。ここで、拡張機能をインストールできます。
「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」と検索してみましょう。「Japanese」と入力すると、候補が出てくると思います。
インストールをクリック。
インストールが終わったらvscodeを再起動してみましょう。
表示が日本語になっています。