生成AI、ビジネス・時事に特化 ストックマークが開発|日本経済新聞からのニュース

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC264UH0W3A021C2000000/
生成AI、ビジネス・時事に特化 ストックマークが開発|日本経済新聞からのニュース

ストックマークさまの生成AIの開発には、Meta社のオープンソースのLlama2を使っているようです。
このような手法で生成AIを開発すると、ゼロから作るより、圧倒的にコストが抑えられます。
このようなオープンソースを利用したオリジナル生成AIの開発が進むと予想します。
つまり、企業独自の生成AIができていくでしょう。

そうなると、下記のようなシーンに活用できます。
・(対 お客様)お客様からきた質問に答えるQ&Aアプリ
・(対 お客様)サービス登録後に使い方を1対1で案内してくれアプリ
・(対 社内)社内の総務系の問い合わせに対応してくれる総務アプリ
・(対 社内)自社のサービスを学習させて資料などをフィードバックしてくれる先輩がわりアプリ

さらに、音声認識(聞く)、音声生成(話す)を組み合わせると、まるで電話で話している、対面で話しているようなことも実現できるでしょう。
人がやっていた仕事を、AIに任せられる時代がやってきています。