パソコンが「1億個の計算問題」を解くと、どのぐらいで終わるのか?|プログラミング言語ごとのスピード対決もやります!

はじめに

やってみたいけど面倒くさい「プログラミングで計算問題を1億問解く」「プログラミング言語別のスピード対決」をやってみました。 高速で計算ができるコンピュータのプログラミングですが、一体どのぐらい速いんでしょうか? また、プログラミング言語ごとにスピードが大きく違いますが、それもどのぐらい違うのか試してみました。 本編をどうぞ! (計算が単純すぎる、関数呼び出しのオーバーヘッドのこと、時間計測方法など突っ込みどころはあると思いますが、あくまでエンターテイメントです!)

 

レッスンで使ったファイルはこちら

■保存方法
Mac:右クリック⇒「リンク先を別名で保存」
Windows:右クリック⇒「名前を付けてリンク先を保存」

Pythonファイルはこちら

C言語ファイルはこちら

Javaファイルはこちら

JavaScriptファイルはこちら

Rubyファイルはこちら

Goファイルはこちら

 

kinoCode チャンネル

▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。