国産LLM開発「世界トップレベルの大規模言語モデルの開発に着手」【1分ITニュース】

キノコード スキマIT教養講座

「世界トップレベルの大規模言語モデルの開発に着手」---産総研らが表明
目指すのは”GPT‐3級の日本語LLM”
-----ITmediaからのニュースです

国産の生成AIを日本で作る、という取り組みです。
日本で生成AIが開発されない理由として、モデル構築の費用の問題があります。

モデル構築には、膨大な計算が必要です。
計算には、膨大な数のコンピュータが必要です。
コンピュータには、高性能の半導体が必要です。
膨大な数のコンピュータを動かすには、膨大な電気代がかかります。

実際に、ChatGPTを開発したOpenAIのCEOが、「GPT-4」の訓練費用は、1億ドル以上かかったと発言しています。
このような技術的な遅れは、日本の産業の競争優位性を削がれる可能性があります。

国産のLLMについてどう考えますか?