データサイエンティスト養成講座 利用規約

利用規約
この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,テクノロジー アンド デザイン カンパニー 合同会社(以下,「当社」といいます。)が提供するサービス「データサイエンティスト養成講座」(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものである。

第1条(定義)
「登録ユーザー」とは、本サービスの有料登録のなされた個人を意味する。

第2条(サービスの利用)
登録ユーザーは本規約および別途定めるルール等に従い、本サービスを利用するものとする。
当社は、利用者の事前の承諾を得ることなく、本サービスの内容を変更することができるものとします。

第3条(本規約等の変更)
1. 当社は、本サービスの内容を自由に変更、廃止することができるものとする。
2. 当社は、本規約(当社ウェブサイトに掲載する本サービスに関するルール、諸規定等を含む。以下本項において同じ。)を変更できるものとする。当社は、本規約を変更した場合には、登録ユーザーに当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、登録ユーザーが本サービスを利用した場合又は当社の定める期間内に登録取消の手続をとらなかった場合には、登録ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなす。
3. 登録ユーザーにとって影響が大きい条件や、不利益が及ぶ条件の変更を行う場合は変更日以降にサービスを継続利用していることをもって変更に同意したものとみなす。

第4条(登録ユーザーの責任)
1. 本サービスを登録ユーザーが利用する場合、インターネットへの接続が必要であるが、その際あらゆる機器、ソフトウェア、通信手段に関して登録ユーザー自身が各自の責任と費用において適切に準備、設置、操作するものとする。当社は登録ユーザーのアクセス環境について一切関与せず、これらの準備、操作に関する責任に関し、当社の故意又は重過失を除き、責任を負わないものとする。
2. 当社より登録ユーザーに対して連絡を行う際、登録メールアドレスあての電子メールで連絡を行うが、登録ユーザーは当社からの電子メールを受信できるよう登録メールアドレス情報を正しく維持するものとし、何らかの理由で受信ができなくなった場合には、登録ユーザーは速やかに登録メールアドレスの変更を適切に行うものとする。当社からの電子メールが受信できなかったために登録ユーザーが被った不利益については、ユーザー自身に責任があるとし、当社は一切の責任を負わないものとする。
3.登録ユーザーが本サービスの付帯サービスとしてキャリアサポートを利用するにあたり、登録ユーザーは自己の責任において、当社または求人企業に応募し、労働条件を直接確認したうえで雇用契約を結ぶものとします。当社は、当社が確認し、かつ、登録ユーザーに通知した労働条件が、当該雇用契約の確定的なものであることに関して保証できないものとする。また合否の理由については開示義務を負わないものとする。
4.本サービスは、良質な講座の提供により、登録ユーザーの知識・技能の向上に全力を尽くす。しかしながら、登録ユーザーは、登録ユーザーの特定の目的達成を保証するものではないことを理解し、自己の責任において本サービスを利用しなければならない。

第5条(利用登録)
本サービスの利用は、本規約に同意の上、当社所定の手続きに従い、本サイトにて有料登録することで可能になる。

1. 当社は、当社の基準に従って、登録希望者の登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合にはその旨を登録希望者に通知し、この通知により登録希望者の登録ユーザーとしての登録は完了したものとする。
2. 前項に定める登録の完了時に、本規約の諸規定に従った本サービスの利用契約が登録ユーザーと当社の間に成立するものとする。
3.登録を申請した者が未成年者の場合は、登録に伴い親権者の同意を必要とし、本規約の同意をもって、親権者の同意があったものとみなします。
4.登録ユーザーは、登録した情報および本サービスにおける活動情報に基づき、職業紹介事業者等から諸連絡を受ける場合があることを予め承諾するものとします。
5. 当社は、登録を申請した者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
(1)本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合
(2)当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽があった場合
(3)過去に本サービス又は本サービスの利用の登録を取り消された者である場合
(4)反社会的勢力等である若しくは反社会的勢力等であった、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
(5) 未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかったことが判明した場合
(6) その他、当社の審査基準により、登録を適当でないと判断した場合
6. 当社は、登録ユーザーの本人確認及び登録情報の内容が真実であるかの確認をいつでもすることができるものとし、登録ユーザーは、当社の求めに応じて、当該確認に必要な情報を書面等により当社に提供するものとする。

第6条(料金の請求)
1.本サービスに登録することで、当社が規定する月額利用料金が発生する。
2.本サービスの提供期間および利用料金は別途定めるとおりとし、支払いは当社指定の決済手段で行うものとする。
3.本サービスの提供期間における「1ヶ月」とは、登録日より、翌月の登録日同日の前日までとする。ただし、翌月に登録日同日が存在しない場合は、翌月末日までとなる。
4.本サービスは、クレジットカードで支払う際、解約させない限り、自動的に更新されるものとし、登録ユーザーはこれに同意するものとする。
5.クレジットカードでのお支払いをご利用の場合、本サービスの登録を解約すると、本サービス提供期間最終日の翌日より本サービスは使用不可となる。なお、本サービス提供期間最終日までは当社所定の手続きによって解約の取消しを行うことが可能である。
6.当社は登録ユーザーから事前の承諾を得ることなく、本サービスの利用料金を変更する場合がある。ただし、その場合は当社の判断でもって合理的な事前告知期間を設け、当社が定めた方法によって登録ユーザーに通知するものとする。変更に同意しない場合、登録ユーザーは自らの判断で本サービスを解約するものとする。なお、解約せずに継続利用した場合、変更に同意したものとみなす。
7.登録ユーザーが利用料金の支払を遅延した場合には、当社はその未払い金を回収する権利を保持するものとし、登録ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。また、回収に関して当社に発生したすべての費用は、支払いを遅延した登録ユーザーの負担とします。
8.当社は、本サービスに関する領収書は発行はしないものとする。

第7条(ユーザーによる登録の解約)
登録ユーザーは当社所定の手続きにより、いつでも本サービスを解約することが可能である。
ただし、解約日が提供期間の途中の場合は提供期間末日を解約日とし、その間の利用は可能とする。

第8条(返金)
本サービスの性質上、理由のいかんを問わず返金は一切行わないものとする。

第9条(パスワード及び登録情報の管理・変更・取扱)
1. 登録ユーザーは、自己の責任において、パスワード及び登録メールアドレスを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとする。
2. パスワード及び登録メールアドレスの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には、登録しているユーザー自身による利用とみなす。
3. パスワード又は登録メールアドレスの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は当社に故意又は重大な過失がある場合を除き,一切の責任を負わないものとする。
4. 登録ユーザーは、パスワード又は登録メールアドレスが盗まれたり、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとする。
5. 登録ユーザーは、住所、氏名、電話番号、クレジットカード番号、その他登録した内容に変更が生じた場合に、すみやかに変更するものとする。
6. 当社による登録ユーザー情報の取扱については、別途当社プライバシーポリシーの定めるものとし、登録ユーザーはこのプライバシーポリシーに従って当社が登録ユーザーの利用者情報を取り扱うことについて同意するものとする。
7. 当社は、登録ユーザーが当社に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形の統計的な情報として、当社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、登録ユーザーはこれに異議を唱えないものとする。

第10条(禁止行為)
1. ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはならない。
(1)当社又は本サービスの他の利用者、その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為(かかる侵害を直接又は間接に惹起する行為を含む。)
(2)他のユーザーのスカウト行為(勧誘、転職、他サービスへの誘引など)
(3)犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為
(4)猥褻な情報又は青少年に有害な情報を送信する行為
(5)当社、ほかのユーザー、またはその他第三者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
(6)当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
(7)他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
(8)本サービス運営者その他関係者の注意に従わない行為
(9)その他、当社が不適切と判断する行為 

2. 当社は、本サービスにおける登録ユーザーによる行為が前項各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合には、登録ユーザーに事前に通知することなく、以下の各号に基づく措置を講ずることができるものとする。当社は、本項に基づき当社が行った措置に基づき登録ユーザーに生じた損害について一切の責任を負わないものとする。
(1)違反行為を停止するよう要求すること
(2)違反行為の対象となっている内容の削除、違反行為の差止
(3)本サービスの利用を停止すること
(4)その他、当社が必要とする処分を行うこと
(5)前各号の措置を講じたことについて、当社が適当と認める方法において公表すること

第11条(本サービスの停止等)
1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、登録ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとする。
(1)本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
(2)コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
(3)火災、停電、天災地変、戦争、暴動、内乱、法令・規則の制定・改廃、公権力による命令処分、争議行為などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
(4)外部サービスに、トラブル、サービス提供の中断又は停止、本サービスとの連携の停止、仕様変更等が生じた場合
(5)その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合

2. 当社は当社の都合により本サービスの提供を終了することができ、登録ユーザーに事前に通知するものとする。

3. 登録ユーザーは、本サービスを利用することが、登録ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、当社は、登録ユーザーによる本サービスの利用が、登録ユーザーに適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保証するものではない。

4. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき登録ユーザーに生じた損害について一切の責任を負わないものとする。

第12条 (秘密保持)
1. 本規約において「秘密情報」とは、利用契約又は本サービスに関連して、登録ユーザーが、当社より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、当社の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味する。但し、(1)当社から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの、(2)当社から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの、(3)提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの、(4)秘密情報によることなく単独で開発したもの、(5)当社から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたものについては、秘密情報から除外するものとする。

2.登録ユーザーは、秘密情報を本サービスの利用の目的のみに利用するとともに、当社の書面による承諾なしに第三者に当社の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとする。

3.第2項の定めに拘わらず、登録ユーザーは、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を当社に通知しなければならない。

4.登録ユーザーは、秘密情報を記載した文書又は磁気記録媒体等を複製する場合には、事前に当社の書面による承諾を得ることとし、複製物の管理については第2項に準じて厳重に行うものとする。

5.登録ユーザーは、当社から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、当社の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければならない。

第13条(権利帰属)
1. 本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て当社に帰属しており、本規約に定める登録に基づく本サービスの利用許諾は、当社ウェブサイト又は本サービスに関する当社の知的財産権の使用許諾を意味するものではない。登録ユーザーは、いかなる理由によっても当社の知的財産権を侵害するおそれのある行為をしないものとする。
2. 本サービスにおいて、登録ユーザーが投稿その他送信を行った文章、画像、動画その他のデータ及び本コンテンツについては登録ユーザーに権利が留保されるものとし、当社において、無償で自由に利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することができるものとする。
3. 当社は本サービスに含まれるコンテンツ(動画・テキスト・画像・ソースコード・ソフトウェア・レッスンの構成等)に関する一切の著作権(著作権法27条及び28条に規定する権利を含む)、商標権、特許権、その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの登録等を出願する権利を含む)を保有しており、日本の著作権法および著作権に関する国際法によって保護されている。ただし、本サービスに含まれるソースコードの中にはオープンソースライセンスに基づいて提供されているものがあり、当該オープンソースライセンスに本規約より優先されることが明示的に規定された条項が含まれる場合、その優先される条項が適用されるものとする。
4. ユーザーが本サービスに含まれるコンテンツを利用して利益を得た場合、ユーザーに対して当社はその利益相当額の金額を請求できる権利を有するものとする。
5. 本サービスに使用されている全てのソフトウェアは、知的財産権に関する法令等により保護されている財産権及び営業秘密を含む。
6. 当社による事前の書面による承諾を得ることなく、いかなる手段によるものを問わず、本サービスのコンテンツを収集・ダウンロード・複製することを禁じる。
7. 当社による事前の書面による承諾を得ることなく、本サービスのコンテンツを使用した学習教材の作成(動画の埋め込み、レッスンへのリンク、転載、引用の範囲を超えた利用等を含む)、提供、および販売を行うことを禁じる。

第14条(登録の取り消し等)
当社は、登録ユーザーが以下のいずれかに該当すると判断した場合、事前の予告なく本サービスを取り消す場合がある。また当該事由により解除となった場合、取り消した日を含む提供期間の利用料金が発生するものとする。

1.本規約のいずれかの条項に違反した場合
2.登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合
3.当社、他の登録ユーザー、外部SNS事業者又は第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本
サービスを利用した、又は利用しようとした場合
4.外部SNS利用規約に違反したことその他の理由によって、登録ユーザーが外部SNS事業者から、そのサー
ビスの提供や連携を受けられなくなった場合
5.本サービスについて,最終の利用から一定期間利用がない場合
6.当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合
7.本サービスの利用料金が支払われなかった場合、もしくは支払いを拒否した場合
8.その他、当社が本サービスの利用、登録ユーザーとしての登録、またはサービス利用契約の継続を適当で
ないと判断した場合

第15条(保障の否認及び損害賠償)
1. 登録ユーザーによる本サービスの利用に関連して、当社が、他の登録ユーザー、その他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、登録ユーザーは当該請求に基づき当社が当該第三者に支払を余儀なくされた金額を賠償しなければならないものとする。
2. 本サービスに関連して登録ユーザーが被った直接的および間接的な損害について、当社に故意又は重過失があったときを除き、一切賠償の責任を負わないものとする。なお、消費者契約法の適用その他の理由により、本項その他当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当社が登録ユーザーに対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任は、損害の事由が生じた時点から遡って1ヶ月の期間に登録ユーザーが当社に支払った金額を上限とする。
3. 登録ユーザーが本条に定める料金の支払を遅滞した場合、登録ユーザーは年14.6%(年365日日割計算)の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。
4. 本サービスに関連して登録ユーザーと他の登録ユーザーまたは第三者との間において生じた取引、連絡、紛争などについては、当社は一切責任を負わないものとする。

第16条(有効期限)
利用契約は、登録ユーザーについて第5条1項に基づく登録が完了した日に効力を生じ、当該登録ユーザーの登録が取り消された日又は本サービスの提供が終了した日のいずれか早い日まで、当社と登録ユーザーとの間で有効に存続するものとする。

第17条(本規約に基づく契約の地位の譲渡等)
1. 登録ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできないものとする。
2. 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーに関わる登録情報その他の情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、登録ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとする。

第18条(分離可能性)
本規約のいずれかの条項またはその一部が,消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断さ
れた場合であっても,本規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は,
継続して完全に効力を有するものとする。

第19条(準拠法及び管轄)
本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。