【キノカレッジ|超入門クラス】python超入門演習問題100

python超入門演習問題100

以下の問いをマスターできるようになりましょう

  1. 次のテキストをコードにそのままコピー&ペーストしましょう
    python演習問題
    これはpythonの問題を解くノートブックです。
    pythonを扱えるようになるため励みます。
    word = はじめてのpython

  2. python演習問題をコメントアウトしましょう

  3. これはpythonの問題を 〜 励みます。まで複数行コメントアウトしましょう

  4. はじめてのpythonを文字列として扱えるようにしましょう

  5. 変数となったwordの型タイプを出力しましょう

  6. "2", 2, 2.156, True はそれぞれどんなデータ型でしょうか

  7. プログラムの処理の中で値が存在しないという状態は何と呼ぶでしょうか

  8. myNameという変数名は何という記法で書かれているでしょうか

  9. my_nameという変数名は何という記法で書かれているでしょうか

  10. breakという変数名は正しいでしょうか

  11. ご自身の名前をprint出力してみましょう

  12. ご自身の名前を3回出力してみましょう。ただし、名前の入力は一回です。演算式を用いましょう

  13. 変数名nameにinput文で入力できるようにしましょう。"お名前を入力してください"というテキストです。そしてprintで"私の名前は○○○○○○"と出力しましょう。

  14. 変数名ageにinput文で入力できるようにしましょう。"年齢を入力してください"というテキストです。入力形式はint型です。そしてprintでageと出力しましょう。

  15. ageを使って"私の年齢は○○才" とprint出力できるようにコードを書き換えましょう

  16. 10足す3を出力しましょう

  17. 10かける3を出力しましょう

  18. 10割る3を出力しましょう

  19. 10割る3の商を出力しましょう

  20. 10割る3の余りを出力しましょう

  21. 変数名numにint型でinput入力できるようにしましょう

  22. if文でnumが10であるとき、"10です"と出力するコードを書きましょう

  23. if文でnumがもし10より大きかったら"10より大きい"と出力するコードを書きましょう

  24. if文でnumがもし10より大きかったら"10より大きい"、そうでなければ"10以下です"と出力するコードを書きましょう

  25. if文でnumがもし10より大きかったら"10より大きい"、10以下で5よりも大きかったら"10以下で5よりも大きい"、そうでなければ"5以下です"と出力するコードを書きましょう

  26. 配列arr = [1, 2, 2, 3, 5, 8, 15, 18, 36, 55, 79, 101]をコードに書きましょう

  27. arrの要素18のインデックス番号を回答しましょう

  28. arrのインデックス番号5の値を出力しましょう

  29. arrの末尾に24を追加しましょう

  30. arrの先頭に6を追加しましょう

  31. arrの長さを出力しましょう

  32. 21がarrに含まれているか真偽値を出力しましょう

  33. 1がarrに含まれているか真偽値を出力しましょう

  34. arrのインデックス番号2から6までの値を出力しましょう

  35. arrのインデックス番号末尾の値を出力しましょう

  36. arrをソートしましょう

  37. arrの要素を一つずつをfor文を使って出力しましょう

  38. arrの要素を一つずつをfor文を使って取り出し、2の倍数のとき出力しましょう

  39. arrの要素を一つずつをfor文を使って取り出し、2の倍数または5の倍数のとき出力しましょう

  40. arrの要素を一つずつをfor文を使って取り出し、3の倍数でないときの個数の総数を出力しましょう

  41. arrの合計値を出力しましょう

  42. arrの最大値を出力しましょう

  43. arrの平均値を出力しましょう(np.meanメソッドは使いません)

  44. arrの平均値を四捨五入して出力しましょう

  45. arrの要素を全て削除しましょう

  46. 配列names = ["Aoyama", "Kurata", "Miura", "Yamashita"]をコードに書きましょう

  47. names_2という変数にnamesをコピーしましょう

  48. namesにnames_2の配列を追加しましょう。namesの末尾にnames_2の要素を追加しましょう

  49. namesの Kurata を1つ削除しましょう

  50. namesの 末尾に"Hirata"を追加しましょう

  51. namesの Kurata の後に Ono を追加しましょう

  52. namesの Hirata のインデックス番号を出力しましょう

  53. namesをsetメソッドで重複のない配列にしましょう

  54. namesの型を出力しましょう

  55. namesをリスト型に変換しましょう

  56. 配列foods = ["ice", "yakitori", "sushi"]と配列prices = [100, 120, 500]をコードに書きましょう

  57. foodsの要素を一つずつをfor文を使って出力しましょう

  58. foodsの要素のインデックスと値を一つずつfor文を使って出力しましょう

  59. foodsとpricesの要素を一つずつfor文を使って出力しましょう

  60. foodsとpricesの要素を一つずつfor文を使って取り出し、「商品●●は△△円です」と出力しましょう

  61. 変数名jisyoに空の辞書型オブジェクトを作りましょう

  62. jisyoに book : 2, pen : 5, text : 2, eraser : 10 を格納しましょう

  63. jisyoのpenの値を40にしましょう

  64. jisyoに calculator : 3000 を追加しましょう

  65. jisyoの text をキーと値両方とも削除しましょう

  66. jisyoに pen が含まれているか判定しましょう

  67. jisyoに 3000 の値が含まれているか判定しましょう

  68. jisyoをfor文を使ってkeyを一行ずつ出力しましょう

  69. jisyoをfor文を使って値を一行ずつ出力しましょう

  70. jisyoをfor文を使ってkeyと値を一行ずつ出力しましょう

  71. 変数str = "We have breakfast. They like tomatoes them."というコードを書きましょう

  72. strに e が何回含まれているか出力しましょう

  73. strに dinner が含まれているか出力しましょう

  74. strの them を削除しましょう

  75. strの They を Weに置換しましょう

  76. 変数message = "おはようございます。今日は良い天気ですね。今日の気温は30度です。"をコードに書きましょう

  77. messageをメソッドを使って。で区切ってみましょう。それをnew_messageという新しい変数に格納します

  78. new_messageをメソッドを使って、もとのmessageの変数の要素と同じようにしてみましょう

  79. messageの 今日 をすべて 明日 に置換しましょう

  80. formatメソッドを使い、何か一文作ってみましょう

  81. import os のコードを実行させましょう

  82. 現在の作業ディレクトリを確認するメソッドを実行させましょう

  83. ディレクトリの中にある全てのファイル名を取得するメソッドを実行させましょう

  84. 新しいディレクトリを作成するメソッドを実行させましょう。ディレクトリ名はnew_fileです

  85. new_fileを新しいファイルという名前に変更するメソッドを実行させましょう

  86. import datetime のコードを実行させましょう

  87. メソッドを使い現在時刻を出力してください

  88. メソッドを使い今日の日付を出力してください

  89. 現在の月を出力してください

  90. 曜日を出力してください

  91. import math のコードを実行させましょう

  92. 99824.4353 の小数点以下切り上げをしましょう

  93. 99824.4353 の小数点以下切り捨てをしましょう

  94. 99824.4353 の平方根を求めましょう

  95. 18 と 30 の最大公約数を求めましょう

  96. import re のコードを実行させましょう

  97. matchメソッドを使い変数final_q = "this is final topic. next topic is pandas."にnextが含まれているか出力しましょう

  98. searchメソッドを使い変数final_q next が含まれているか出力しましょう

  99. subメソッドを使い、変数final_qの thisを thatに置換しましょう

  100. re.splitメソッドを使い、変数final_qの半角スペースで分割しましょう