プログラミングが上達する、たった1つのコツを解説

こんにちは。KinoCodeです。
この動画では、私が考える「プログラミングが上達する、たった1つのコツ」について解説をします。

プログラミン学習の罠

まず、最初に、皆さんはなぜプログラミングを勉強されたいと思っていらっしゃいますか?
「なんとなくキャリアアップになりそうだから」「今、流行っているから」。
そんな理由で勉強されるのも良いと思います。
ただ、そうしてしまうと、

・プログラミングの基礎的な内容の学習を繰り返す。
・何のために勉強しているのかわからなくなる。
・ゴールがみえずに辛くなってくる。

といったプログラミン学習の罠にはまってしまいます。

プログラミングで作りたいものを決める

私が考える「プログラミングが上達する、たった1つのコツ」は、作りたいものを決めることです。
他の上達するコツとしては、仲間を作る、よい教材を選ぶなどの方法があるものの、重要なのは「作りたいものを決める」ことだと考えています。
そして、その作りたいものが、仕事や趣味に活かせるなら、モチベーションが湧いたり維持できたりするのでGoodだと考えています。

例えば、仕事の自動化をしてみたいのであれば、基礎的な勉強が終わったら、仕事の自動化をやってみる。
自分でWebサービスを作ってみたいのであれば、基礎的な勉強が終わったら、Webサービス、つまり、Webアプリケーションを作ってみる。
人工知能を作ってみたいのであれば、基礎的な勉強が終わったら、さっそく人工知能開発をやってみる。

とにかく、作りたいものを決めて、それを作ってみることがプログラミングの上達するコツだと考えています。

なぜ、プログラミングで作りたいものを決めるとよいのか?

なぜ、プログラミングで作りたいものを決めるとよいのでしょうか?
そうすることにより、プログラミングの罠を回避できます。

具体的には、
・基礎的な勉強を繰り返すことがない。無駄なく学習ができる。
・作りたいものという明確なゴールがあるので、モチベーション維持をしやすい
・作りたいものが完成すると、次なるモチベーションにつながる
となります。
したがって、作りたものを決め、それを作ることで最短で上達できるというわけです。

それに、作りたいものを作るって、ワクワクしませんか?
男性のみなさんならご経験あるかもしれませんが、昔、秘密基地を作った経験はありませんか?
僕はそれに近い感覚を覚えてとってもワクワクしました。
女性だったら、自分が思わず手を取りたくなるものを作るイメージに近いでしょうか。
いずれにしても、想像や妄想することは楽しいですね。いつまでにどんなものを作るか?それをシャープにしていけばいくほどモチベーションがあがると思います。
なので、作りたいものを決めて、それに向かってプログラミングを学習をはじめられた方が良いと私は考えています。

最後に、宣伝させてください。
KinoCodeが作っているWebサービス「KinoQuest( https://kino-quest.com/ )」には、カリキュラムが用意されているので、それ通りに学習を進めれば作りたいものが作れるように設計しています。月額990円です。
そちらの活用もぜひご検討ください。