Kotlin超入門コース#03 環境構築 for Mac

はじめに

こんちには。キノコードです。
このレッスンでは、Kotlin超入門コース#03 環境構築 for Macについて説明をします。

環境構築に必要なもの

環境構築とは、プログラムを書いたり、実行できたりする環境を自分のコンピュータに整えることをいいます。
環境構築のために、JDK、Kotlin、VisualStudioCode、VisualStudioCodeの拡張機能の2つ、合計5つをインストールします。
1つめに、JDKです。
JDKとはJava Development Kitの略で、Javaのプログラムを実行するときに必要な機能がパッケージされたものです。
KotlinはJVM言語なので、これが必要になります。
2つめはKotlin本体です。これをインストールすることにより、Kotlinのプログラムが実行できるようになります。
3つめは、Visual Studio Codeです。
Visual Studio Codeとは、マイクロソフトが開発したプログラムを書くためのエディタです。
VScodeとも呼ばれています。
VScodeは、Windows、macOS、Linux、色々なOSで使うことができます。
また、Java、C言語、pythonなど有名どころのプログラミング言語に対応しています。
VScodeは、好きな開発環境の1位に選ばれている人気の開発環境です。
このコースでは、設定などで迷うことなく言語の学習に集中できるように、基本的にはVScodeを開発環境として使っていきます。

Javaのインストール方法

はじめに、JDKのインストールです。
JDKは、オラクルのサイトからダウンロードできます。
GoogleでJDKと検索すると、オラクルのホームページが出てくると思います。
こちらをクリック。
「Java SE ダウンロードの最新版はこちら(USサイト)からダウンロードをお願いします」という記述があるので、「こちら(USサイト)」をクリックして、オラクルのUSサイトへいきましょう。
次に、「JDK Download」をクリック。
「Java SE Development Kit 13 Downloads」画面に遷移してきました。
PCにあったJDKをダウンロードするために、コントロールパネルのシステム画面を開きます。
システムの種類にビット数が書かれています。
このビット数と同じJDKをインストールしましょう。
それでは、「こちら(jdk-13.0.2_windows-x64_bin.exe)」をクリックし、ダウンロードします。
ダウンロードできたら、「こちら(jdk-13.0.2_windows-x64_bin.exe)」をダブルクリックします。
インストールが始まりますので、進めていきます。
インストールするフォルダは、デフォルトのままにしておきましょう。
これで、インストールが完了です。

JDKのインストール

次に、JDKのインストールです。
オラクルのサイトからJDKをダウンロードできます。
GoogleでJDKと検索すると、オラクルのホームページが出てくると思います。
こちらをクリック。
「Java SE ダウンロードの最新版はこちら(USサイト)からダウンロードをお願いします」という記述があるので、オラクルのUSサイトへいきましょう。
インストールを進めていきます。
ゴミ箱に捨てておきましょう。
インストールが完了したら、ターミナルを起動して、Javaのバージョンを確認してみましょう。
ターミナルは、「Launchpad」の「その他」から開きます。
ターミナルが起動したら、Java -versionと入力してください。
バージョンが返ってくれば、完了です。

Kotlinのインストール方法

ターミナルを開いているので、そのままKotlinをインストールしましょう。
homebrewを使ってインストールをしていきます。
$ brew update
$ brew install kotlin
まず、homebrewを最新バージョンにしておきましょう。brew、半角、updateです。
次にkotlinをインストールしましょう。brew、半角、install、半角、kotlinです。
$ kotlinc -version
次のコードを実行して、Kotlinがインストールされているか確認しましょう。
kotlinのあとにc。半角。バージョンです。
バージョンが返ってくれば、インストールされていることが確認できます。

Visual Studio Codeの設定方法

VScodeの設定を進めていきましょう。
公式サイトからVScodeをダウンロードします。
Googleで「vscode」と検索すれば出てきます。
こちらが公式サイトです。
ここに「Download for Mac」がありますのでクリックしてダウンロードしましょう。
(ダウンロードには数分かかります)
ダウンロードが完了したら、zipファイルを解凍。
解凍すると「Visual Studio Code」というファイルができます。
アプリケーションフォルダに追加。あわせて、Dockに追加しておきましょう。
VScodeをクリックすると、このような表示がでるので、「開く」をクリック。
そうすると、VScodeが立ち上がります。
ブラウザが起動して、公式ドキュメントが開かれます。こちらは閉じておきます。
一番左のバーをアクティビティバーといいます。
この四角のアイコンが、拡張機能を管理するExtensionsメニューです。
表示が英語になっているので、日本語に変えてみましょう。
「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」と検索してみましょう。「Japanese」と入力すると、候補が出てくると思います。
クリックをして、インストールをクリック。
インストールが終わったらvscodeを再起動してみましょう。
表示が日本語になっています。

Kotlinのインストール方法 Visual Studio Codeの拡張機能のインストール Kotlinのインストール方法

Kotlinの拡張機能のインストールです。
Kotlin Languageをインストールしましょう。
Kotlin Languageは、Kotlinの開発に必要な環境をインストールしてくれます。
Kotlin Languageをインストールして、Kotlinで書いたコードを実行できるようにしましょう。
同じくExtensionsのメニューで、今度は「Code Runner」をインストールしましょう。
インストールが終わったら、VSCodeのユーザ設定を開きます。
Code→基本設定→設定を開き、右上にあるファイルアイコンをクリックすると「Settings.json」が開きます。
そこに次の設定を入力します。入力する内容はキノコードのホームページありますので、ご確認ください。

{
    "code-runner.executorMap": {
        "kotlin": "cd $dir && kotlinc-jvm $fileName -include-runtime -d $fileNameWithoutExt.jar && java -jar -Dfile.encoding=utf-8 $fileNameWithoutExt.jar"
    }
}

キーボードの「Ctrl」+「S」押し、setting.jsonを保存します。
VSCodeを再起動すると、設定が完了します。
これで環境構築は終わりです。

KinoCode チャンネル

YouTubeで毎日動画配信しています。
動画は3分間なので、
 ・通勤時間
 ・お昼休み
 ・お手すきのとき
 ・寝る前
など手軽に視聴できます。
 
ちょっとしたインプットにどうぞ!
 
▼チャンネル登録はこちらからどうぞ。